ニキビの原因であるアクネ菌について徹底解説

先生!ニキビの話しになると必ずアクネ菌という言葉が出てきますが、そもそもアクネ菌って何なんでしょうか。それに何でアクネ菌が増えるとニキビができてしまうんでしょうか?詳しい説明お願いします!
確かにニキビの話しになるとアクネ菌は必ずといっていいほど、でてくる言葉ですね。でもあまりにも当たり前のように使われていて、アクネ菌のことについて詳しいことは知らない人が多いかもしれないですね。

アクネ菌は皮膚の常在菌

皆さんは常在菌という言葉を聞いたことがあるでしょうか。実は人間の肌には約1兆個もの細菌が住み着いているのです。これら様々な種類の細菌が互いに影響し合い、独自の生態系をつくりあげることで肌トラブルを予防し、健康的な肌を維持しているのです。

空気中には目に見えない様々な細菌が浮遊しているので、肌は常に細菌などに触れている状態です。それでも特に何もなく過ごせているのは、こうして常在菌が空気中に漂う細菌が肌に付着して増殖するのを防いでくれているからなのです。

そして、こうした数ある常在菌のなかの一つがアクネ菌です。アクネ菌には本来、肌を弱酸性に保ち、雑菌の侵入や繁殖を防ぐ役割があります。

アクネ菌はニキビの根本原因ではない

アクネ菌が増えることでニキビが発生すると思っている人も多いですが、実はアクネ菌はニキビの根本原因ではありません。

ニキビは古い角質や過剰な皮脂分泌で毛穴が詰まり、毛穴のなかで皮脂が分泌されることで発生します。この状態ではまだ皮脂によって毛穴が膨らんでいる白ニキビに過ぎません。

しかし、この詰まった毛穴のなかでアクネ菌が増殖することでニキビには様々な影響が起きてしまうのです。

アクネ菌の特徴

アクネ菌には次の二つの特徴があります。

・空気に触れることを嫌う

・脂肪分が好き

空気に触れないで、脂肪がある場所、つまり毛穴の中です。毛穴のなかは空気に触れないですし、皮脂が分泌されているので、脂肪分もたっぷりです。こうしてアクネ菌は毛穴のなかで増殖していくのです。

アクネ菌は赤ニキビの原因

アクネ菌は脂肪分である皮脂をエサとして、ポルフィリンという毒性物質を吐き出します。このポルフィリンに反応して免疫細胞である白血球が登場し、アクネ菌と白血球の戦いが始まります。これがニキビによる炎症の始まりです。

炎症が発生すると毛穴は赤く腫れ上がります。ここで白ニキビは赤ニキビへと成長していくのです。つまりアクネ菌はニキビの根本原因ではないけど、白ニキビを赤ニキビへと成長させる元凶なのです。

ニキビ対策で毛穴詰まりを解消することが大切な理由

ここまでくると、なんとなくニキビの全体像のようなものが分かって頂けたのではないでしょうか。

アクネ菌は皮膚の常在菌なので、常に皮膚に存在しています。そこに空気にも触れなくて脂肪分のたっぷりある場所(毛穴が詰まった場所)を見つけると、そこへ行って増えてしまうのです。

つまり、結局はニキビの根本原因である毛穴詰まりを解消しない限り、ニキビが完治することはないのです。

また抗菌剤によるニキビ対策がおすすめできないのもここにあります。抗菌剤はアクネ菌を殺し炎症を抑えることを目的としていますが、結局いくら抗菌剤を塗ろうが、皮膚には常にアクネ菌が存在しているので、毛穴詰まりが発生してしまえば、おのずとアクネ菌は増殖し赤ニキビが発生してしまうのです。

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ