ニキビ根絶に最強成分『ビタミンC誘導体』の本当の効果とは

bitaminn-orennji

ビタミンC誘導体がニキビに良いって聞いたけど、ホントのとこどうなの(・_・)?

一般的にニキビに良いとされる成分は、たくさんありますが、中でも『ビタミンC誘導体』については聞いたことがある人は多いんじゃないでしょうか。

それもそのはずで、ビタミンC誘導体は、多くの皮膚専門家もニキビに良いと推奨する、とても優れた成分なのです。

そこで今回はこのビタミンC誘導体とニキビの関係について徹底解説です。

そもそもビタミンC誘導体とは?

そもそもビタミンC誘導体とは、ビタミンCが肌に浸透しやすいよう人工的に改良された成分です。

ビタミンCがお肌に良いのは、言うまでもないことです。でも実際ビタミンCは、とても酸化しやすく、もろい成分です。

またそれにも増して、通常肌は、異物が入らないようバリア機能を張っているので、いくらビタミンCを肌に塗ろうが、ほとんど肌内部にまでは浸透しないのです。

そこで、ビタミンCのもろさと、肌への浸透力の悪さを改良して、できたのがビタミンC誘導体なのです。

ビタミンC誘導体の効果

一般的にビタミンC誘導体には次のような効果があるとされています。

・コラーゲンの合成促進

・ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の促進

・皮脂抑制

・抗炎症作用

・シミ・色素沈着の抑制

ご覧のとおり、ニキビに限らず、様々な効果を持っているので『お肌の最強万能成分』と言われるゆえんです。

ビタミンC誘導体のニキビへの効果

なかでも注目していただきたいのが、次の4つの効果です。

・ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の促進

・皮脂抑制

・抗炎症作用

・シミ・色素沈着の抑制

これらは全てニキビ予防・治療にとても重要な働きをしてくれます。

ニキビ予防

スクリーンショット 2014-10-09 22.33.01

そもそもニキビというのは、古い角質などが原因で毛穴が詰まり、詰まった毛穴の中で皮脂が分泌されることで、発生します。

・ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の促進

というのは、肌の生まれ変わりの循環が良くなるということなので、肌に古い角質が溜まりにくくなります。

古い角質が溜まりにくいということは、当然毛穴詰まりが起きにくくなるということで、ニキビ予防に繋がります。

・皮脂抑制

に関しても、毛穴詰まりの予防になるのはもちろんのこと、アクネ菌のエサとなる皮脂量が減るので、ニキビ悪化予防にとても効果的です。

ニキビ治療

また、ビタミンC誘導体は、できてしまったニキビに関しても大きな効果を発揮します。

ある程度ニキビが大きくなってくると、アクネ菌と白血球の戦いが起きることで、炎症が発生します。

ビタミンC誘導体には

・抗炎症作用

もあるので、できてしまったニキビがひどくなり、ニキビ跡などを作ってしまうのを防ぐ効果もあります。

ニキビ跡治療

ビタミンC誘導体が凄いのは、ニキビ予防・治療だけでなく、ニキビ跡にも効果を発揮するというところです。

通常、ひどいニキビができてしまうと、活性酸素が大量に作られるので、その活性酸素を取り除くために、大量のメラニンが作られ、色素沈着として肌に残ってしまいます。

ビタミンC誘導体には、メラニンを作る、メラノサイトの働きを弱める効果があるので、できてしまった色素沈着がさらに濃くなるのを予防することができます。

またメラニン自体を還元する(淡色化する)作用もあるので、色素沈着自体を薄くすることもできるのです。

つまり、ここまでもまとめてみると、ビタミンC誘導体一つで、

ニキビ予防⇒ニキビ治療⇒ニキビ跡治療

と、ニキビのトータルケアを全て網羅してくれて、ニキビにとても優れた成分なのです。

ビタミンC誘導体のおすすめニキビケア商品

スクリーンショット 2015-10-05 17.30.34

そんなビタミンC誘導体の優れたニキビケア商品は『VC SERIES』です。

VC SERIESは化粧水・美容液・クリームの全てにビタミンC誘導体を中心とした成分が入ったニキビケア商品です。

ここまで、普通にビタミンC誘導体と書いてきましたが、実はビタミンC誘導体にはいくつかの種類があって、種類によって浸透力も様々なのです。

数あるビタミンC誘導体の中でも特に優れた浸透力を持っているとされているのが『APPS』というものなのですが、VC SERIESには、そのAPPSより2倍浸透力があり、とても貴重な成分であるVC200というビタミンC誘導体が配合されています。

今まで色々試してきたけど、思ったような効果を得られなかったという人は、30日間の返品保証もついているので、まずは使われてみるのをオススメします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ