乾燥肌がニキビの原因となる仕組みを解説

kannsou

乾燥肌とニキビの関係

ニキビというと皮脂のイメージが強いので、一見すると乾燥肌とニキビはあまり関係がないようにも思えます。ただ実際には乾燥肌はニキビを引き起こす大きな要因の一つになります。

agonikibi
※出典 FUJIFILM 「Lunamer AC」

こちらはFUJIFILMによる調査結果ですが、ニキビができやすい人は、ニキビが少ない人と比べて、肌が乾燥している人が多いことが分かっています。

またニキビが出来やすい人は、顔全体の水分量にバラつきあり、特にフェイスラインなどの顎ニキビは水分量の低下によるニキビが多いようです。

乾燥肌がニキビを引き起こす理由

スクリーンショット 2016-04-08 12.18.32

乾燥肌とは図のように角質層を形成する細胞の一つ一つが均一に形成されていない状態です。角質層の細胞がバラバラだと、内部に水分を貯めることができずに、どんどん水分が蒸発していってしまい、肌が乾燥してしまいます。

過角化による毛穴詰まり

角質層は水分の保持以外にも、外部の刺激などから肌を守る「バリア機能」の役目もあります。図のように角質層の細胞がバラバラの状態だと、ダニの死骸やほこりなど様々な刺激から肌を守れなくなります。

すると肌はバリア機能を上げるために、細胞をどんどん作り出し、分厚く・固い角質層を形成しようとします。これを「過角化」というのですが、細胞をどんどん作り出すということは、それだけ肌表面には古い角質が溜まりやすくなることに繋がります。

そして、これらの古い角質が毛穴詰まりの原因になってしまうのです。

過剰な皮脂分泌

皮脂は角質層の上をさらに覆う油分ですが、皮脂にも「乾燥を防ぐ」「外部の刺激から肌を守る」という2つの役割があります。

なので、乾燥肌になると皮脂の分泌量も増えてしまいます。過剰な皮脂は毛穴詰まりの原因になりますし、アクネ菌のエサとなって炎症を引き起こすことにも繋がります。

保湿をする際の注意点

このように乾燥はニキビを引き起こす大きな原因となるので、ニキビ予防には「保湿」をすることが大切になってきます。

実際に保湿をする際に、様々な種類の中から化粧品を選んでいくことになるのですが、一つ注意点があります。それは「オイルフリー」のもを選ぶということです。

先ほども少し説明しましたが、過剰な油分は毛穴を塞いでしまう可能性があるので、なるべく油分が少ないものを選ぶことが大切です。

基本的にニキビ専用化粧品はオイルフリーになっているので、そういった化粧品を選ぶか、なかには「ノンコメドジェニック」「ノンコメドジェニックテスト済み」と書かれたものがあります。

コメド=にきび、のことであり「ノンコメドジェニック」とは、この化粧品にはニキビの形成に影響を与える成分は含まれていませんよ、という証明のようなものです。

「ノンコメドジェニックテスト済み」と書かれたものは、ニキビの形成に影響を与える成分が含まれていないのはもちろんのこと、さらに実際にニキビが発生しないかテストも行なっているので、化粧品を選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ