化膿した黄ニキビの治し方を3ステップで解説

btn-naosikata-a-04@2x

黄ニキビはニキビの末期症状

黄ニキビはニキビの末期症状で、ニキビが治ったとしてもほとんどの場合、色素沈着やクレーター肌などのニキビ跡が残ってしまいます。黄ニキビが肌に複数個ある場合、もはや治療をしないという手は考えられません。

ニキビは尋常性痤瘡(じんじょうせいざしょう)というれっきとした皮膚の病ですが、症状としては最も深刻な状態という認識が必要です。それでは次に黃ニキビを治す方法を3つのステップでお伝えしていきます。

ステップ1.炎症を抑える

hositu-nurigusuri-keshousui-kuri-mu

まず何よりも重要なのは炎症を抑えることです。毛穴の中でアクネ菌と黄色ブドウ球菌が増殖を続ける限り、炎症はどんどん悪化していきます。

そのためには抗炎症成分が含まれているが化粧品を使い、アクネ菌と黄色ブドウ球菌を殺菌することで、炎症の拡大を防ぐ必要があります。

具体的には以下の成分には抗炎症効果があります。

・グリチルリチン酸ジカリウム
・グリチルリチン酸ステアリル
・アラントイン

ニキビ専用の化粧水や乳液にはこれらの成分が入っていることがほとんどですが、一応購入前には確認しておきましょう。

ステップ2.徹底的な保湿

黃ニキビの場合、炎症を抑えることが何よりも大切な理由は、炎症の悪化によるニキビ跡を防ぐためです。

しかし、炎症を抑えるケアはいってみれば対処療法です。結局黃ニキビが発生する度に炎症を抑えたとしても、黃ニキビの根本原因である毛穴詰まりを予防しない限り、ニキビの悩みからは解放されることはありません。

毛穴詰まりを解消する一番効果的な方法は「徹底的な保湿」です。保湿なんてそんな当たり前なと思う方もいるかもしれません。しかし、最近の調査や研究ではニキビの根本原因である毛穴詰まりが肌の乾燥によって発生しているケースが多いことが分かっています。

agonikibi
(※出典:FUJIFILM 「Lunamer AC」

こちらの図は富士フィルムによって行われた調査で、ニキビができやすい人はできにくい人と比べて、肌の水分量が少ないことが分かっています。

来院される数多くの患者さんの、角質層の皮脂量と水分量を測定した結果、ニキビが多く出来る部分は水分量が少なく乾燥状態になっていること、一方、ニキビの量に関わらず、顔全体の油分量には変化が無いこと…つまり、「男性ホルモンの増加=角層の水分量減少」という新たな関係式が垣間見えてきたのです。

(※出典:相澤皮フ化クリニック 大人ニキビの新理論

このように、相澤皮フ科での臨床研究でも、皮脂量より肌の水分量の低下がニキビの主な原因になっていることが分かっています。

一日2回化粧水と乳液の徹底

保湿をする際は一日2回化粧水と乳液を必ず塗るようにして下さい。化粧水は使っているけど、乳液までは使っていないという方は意外と多いのではないでしょうか。特に男性は乳液まで使っている人は少ないと思います。

肌の水分量を上げていくためには、乳液は必須です。成分の多くが水である化粧水に対して、乳液には濃度の濃い保湿成分がたくさん含まれているからです。

ただ、乳液には油分が入っているものもあるので、その点には注意して下さい。アクネ菌は油分をエサとして増殖するので、油分の入った乳液を使うことは逆にニキビを増やすことに繋がりかねません。

化粧品を選ぶ際には、油分が含まれていないオイルフリーのものか、ニキビを引き起こす成分の含まれていない「ノンコメドジェニック」「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記されているものを選べば大丈夫です。

ステップ3.ビタミンC誘導体によるニキビ跡対策

remonn-bitaminn

黃ニキビに悩んでいる人のほとんどが赤みや色素沈着・クレーター肌のニキビ跡にも悩んでいると思います。なので、黄ニキビのケアを行う場合、ニキビのケアとニキビ跡のケアを同時に行うことが真の意味でのニキビ対策になります。

そこでニキビ対策にもなりニキビ跡にも効果的なのが「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体はニキビに悩む人には本当に優れた成分です。

・過剰な皮脂分泌を抑える

まず過剰な皮脂分泌を抑える効果があるので、アクネ菌の増殖を防ぎ、ニキビが悪化するのを防ぐことが期待できます。

・メラニン色素を還元する

・ターンオーバーを促す

・線維芽細胞を活性化

また、メラニン色素を還元し、ターンオーバーを促すことから赤みや色素沈着にも効果が期待できます。ビタミンC誘導体が凄い点は自力で治すのが難しいとされているクレーター肌を改善する効果もあるところです。

ビタミンC誘導体には肌の土台となるコラーゲンやエラスチンを作り出す線維芽細胞を活性化させる働きがあります。この作用により、コラーゲンやエラスチンが生成され、デコボコのできた肌を平らにすることが期待できます。

黄ニキビに悩む人におすすめ化粧品

2018-02-27_16h42_30

黄ニキビに悩む人におすすめの化粧品はノブACです。ここまで黃ニキビを治すためには以下の3つが大事だとお伝えしていました。

・炎症抑える

・徹底的な保湿

・ビタミンC誘導体によるニキビ跡ケア

これら全てをカバーしているのがノブACです。またノブは化粧品会社ではなく常盤薬品工業という製薬会社によって作られているのもおすすめのポイントです。実際にどういった成分がニキビに効果的なのか臨床を重ねる臨床皮膚医学に基づいて開発されているので、信頼性もとても高いです。

ぜひ一度使われてみることをおすすめします。


潰してはいけないのか

最後に黃ニキビを潰すことに関してお伝えしておきます。実際に黄ニキビになると膿が皮膚から透けて見えているので潰したくなると思います。しかし、潰すのは原則NGです。

潰す行為は雑菌の付着による炎症を招いたり、毛穴が裂けてしまうことで、ひどいニキビ跡ができてしまうなどのリスクを伴うからです。

潰すことを推奨している記事なども見かけますが、専門医のように余計な傷を付けずに素早い処理をするのは難しいです。多くの場合、中途半端にニキビを触ったりして炎症が悪化してしまったり、毛穴が裂けることによるニキビ跡などのリスクの方が高いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ