こめかみニキビの本当の4つの原因と王道の3つの治し方

komekami-mimi-yokogao

治しても治しても繰り返す、こめかみニキビ、、

地味に痛くて、なかなか治らない、こめかみニキビで長い間悩んでいる人は多いと思います。そこで今回はこめかみニキビの原因と治療法について徹底解説です。

地味に怖いこめかみニキビ

おでこや頬、アゴ周りなどにできるニキビに比べて、比較的目立ちにくい、こめかみニキビですが、実はとてもやっかいなニキビなのです。

その理由は『ニキビ跡が残りやすい』からです。

頬などと比べてみるとよく分かると思いますが、こめかみは皮膚がとても薄い場所です。なのでニキビの炎症が皮膚深部にまで達しやすく、肌奥深くにある細胞が破壊されやすいのです。

肌深部にまで炎症が広がってしまうと、当然、赤みや色素沈着などは残ってしまいますし、最悪凹凸肌になってしまう恐れもあります。

目立ちにくいからといって、放ってしまうと、後々必ず後悔することになってしまうので、早めに対処していくことが大切です。

こめかみニキビの原因

①髪の刺激

そもそもニキビというのは、詰まった毛穴の中でアクネ菌が増殖することで、発生します。そしてこのアクネ菌は『嫌気性』といって、酸素のない場所を好む習性があります。

髪で皮膚が覆われている状態というのは当然、空気の通りが悪くなるので、皮膚に酸素が行き渡りにくくなり、アクネ菌が増殖しやすくなります。

またできてしまったニキビも、外部から刺激を受けることで炎症が悪化してしまうので、髪の刺激によって、炎症が酷くなってしまうケースも考えられます。

たかが髪の毛と思うかもしれませんが、ニキビの原因や、悪化を進める大きな原因なので、要注意です。

②洗顔不足&すすぎ不足

こめかみというのは、おでこや頬と比べて圧倒的に洗顔不足が起きやすい場所です。

ニキビの根本原因は『毛穴詰まり』です。そもそも毛穴さえ詰まらなければいくらアクネ菌が増殖しようとニキビは発生しないのです。

洗顔をおこたってしまうと、古い角質が溜まりやすくなるので、毛穴が詰まりやすくなります。なので、洗顔時は意識的にこめかみを洗うことが大切です。

またすすぎの際も注意が必要です。洗顔料やシャンプーの洗い残しは、界面活性剤などを肌に残すことになるので、確実に炎症の悪化に繋がります。

③ホルモンバランスの乱れ

実は髪の生え際あたりはホルモンバランスの影響を受けやすい場所で、ニキビが発生しやすいのです。

ホルモンバランスとは具体的に『男性ホルモン』のことを指します。体内の男性ホルモン分泌量が増えると肌には以下の様な症状が起きやすくなります。

・肌が硬くなる

・肌が分厚くなる

・皮脂量が増える

これら3つは全て、ニキビ発生の大きな原因となります。

でもどうして、男性ホルモンの量が増えてしまうのかというと、次のような要因が考えられます。

・人間関係などによるストレス

・睡眠不足

・油ものの多い食生活

・働き過ぎ

このように生活習慣の乱れは直に男性ホルモンの増加に繋がります。またこれは当然女性にも当てはまることなので、ご注意を!

④乾燥

はじめに、こめかみの肌の特徴として『皮膚の薄さ』を挙げましたが、皮膚の薄さは、乾燥のしやすさにも繋がります。

皮膚が薄いということは、保湿に関わる成分が少ないということですし、水分を留めにくいということです。

乾燥した肌というのは、肌の一番表面である角質層が砂漠のようなひび割れ状態になっているということです。なので肌のバリア機能はとても弱っていて、外部からの刺激や攻撃に耐えられなくなります。

すると、肌は防衛反応として、次のような状況を引き起こすのです。

・肌を硬くする

・肌を分厚くする

・皮脂量を増やす

肌がこのような状態になってしまうと、当然毛穴は詰まりやすくなって、ニキビが発生してしまいます。

こめかみニキビを治す3つの方法

①あらゆる刺激を避ける

ニキビの原因のところにも書いたように、刺激はニキビを悪化させ、炎症の悪化・長期化に繋がります。小さなことかもしれませんが、あらゆる刺激を避ける事は、確実にニキビ悪化を防ぐことに繋がります。

具体的には次のようなことが挙げられます。

・洗顔の洗い残しに注意

・シャンプー後に洗顔する

・触らない

・整髪料は避ける

・なるべく髪がかぶらないようにする

②食生活の改善

こめかみニキビはホルモンバランスの影響を受けやすいと書きましたが、そうはいっても生活習慣を改善するのは本当に大変なことです。

仕事や学業の関係などで、治したくても難しい人も多いでしょうし、一度染み付いてしまった生活環境を変えるのは、ニキビを治すことより難しいかもしれません(^_^;)

そこでオススメなのが食生活の改善です。睡眠時間や人間関係などのストレスに比べて、自分でコントロールしやすいですし、ちょっとした工夫でホルモン量を抑えることができます。

・なるべく野菜を摂る

・脂っこいものを控える

・腹八分に抑える

とにかく、『食べ過ぎ』『脂っこいものを食べる』の2つが確実に男性ホルモン量を増やす要因となるので、この2つは抑えるようにすれば大分変わってくるはずです。

③保湿

agonikibi

これはアゴニキビに対する調査なのですが、肌の水分量が少ない人はニキビが発生しやすいという調査結果があります。

当然これは、こめかみニキビにも言えることですし、そもそもおでこや頬に比べて、場所柄、保湿不足も起きやすいです。

また肌の保湿はバリア機能を向上させることに繋がるので、ニキビだけでなく、あらゆる肌トラブルを防ぎ、きれいな肌を作ることにも繋がります。

こめかみニキビにおすすめ化粧品

スクリーンショット 2015-06-13 10.12.14

こめかみニキビにおすすめなのは『ルナメアAC』です。

ルナメアは日本を代表する企業である、フジフィルムが開発した化粧品で、フジフィルムにしかできない独自技術が詰まっています。

特に保湿力には優れていて、『アクネシューター』と呼ばれる特殊成分が、毛穴の奥深くにまで、保湿・ニキビ有効成分を届けてくれます。

ニキビ専用商品のなかでも比較的コストパフォマンスにも優れていますし、はじめてのニキビ化粧品という人にもぴったりです。


  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ