黒ニキビの特徴と治し方の3つのポイント

btn-naosikata-a-02@2x

黒ニキビの特徴

スクリーンショット 2016-05-16 13.04.05
(※画像引用:ディフェリンゲル0.1% 非炎症性皮疹(面皰))

黒ニキビは白ニキビの次の段階として発生するニキビです。古い角質や過剰な皮脂分泌が原因で毛穴が詰まり、詰まった毛穴の中で皮脂が分泌されている状態が白ニキビです。

この状態が続くと、毛穴の中の皮脂がメラノサイトというシミを作り出す器官を刺激します。するとメラニン(シミの元)が発生し、これが空気に触れて酸化することで画像のような表面が黒っぽい黒ニキビが発生します。

画像を見て頂ければ分かるように、黒ニキビは毛穴を大きく開げている状態なので、対策を急がないと毛穴開きの原因にもなります。

また、黒ニキビを放っておくと赤ニキビに成長すると思っている方が多いと思いますが、実際はこの状態のままで炎症が発生せずに赤ニキビにならないケースも多いです。

黒ニキビ治療のポイントは毛穴対策

黒ニキビを治すポイントは基本的には白ニキビと同じです。ニキビ発生の根本原因である「毛穴の詰まり」をいかに発生させないかが重要になってきます。

冒頭でも書きました毛穴が詰まる原因は以下の2点です。

・古い角質が皮膚に溜まる

・過剰な皮脂分泌

つまり上記の2点が発生しないような肌のケアを行なっていくことが、黒ニキビを治すことに繋がるのです。また黒ニキビは白ニキビや赤ニキビと違って、酸化し固まった皮脂などが毛穴に詰まっている状態なので、この詰まった皮脂を取り除いていくのもポイントになってきます。

黒ニキビを治す3つのポイント

1.ピーリング洗顔

senngannryou-awa

先ほどもお伝えしたように、黒ニキビは酸化し固まった皮脂を取り除いていくことがケアのポイントになってきます。そのためには通常の洗顔ではなく、ピーリング洗顔を取り入れることをオススメします。

ピーリングというと肌に悪いというイメージを持っている方が多いと思いますが、ピーリング治療は実際に医療機関でも行われていますし、使用方法を間違えなければ、肌トラブルが発生するほどの副作用は発生しません。

AHAとBHAはどっちがニキビに効果的?

一口にピーリングといっても、ピーリング成分には主に2種類あります。

・AHA(α-ヒドロキシ酸)

・BHA(β-ヒドロキシ酸)

AHAは自然由来成分で、クエン酸やリンゴ酸などフルーツにも含まれている成分からできているので、印象もよく、AHAの使用をオススメしているところが多いです。

それに対してBHAで主に使われているサリチル酸は人工的な成分ということもあり、効果が強いという印象も大きいためか不人気の成分です。

BHA(サリチル酸)をオススメする理由

ですが、当サイトはBHA(サリチル酸)が入っている洗顔料をオススメします。理由は明確でAHAよりBHAの方がニキビへの効果が高いと考えられるからです。

AHAは水溶性なので、肌の角質層の表面の剥離作用は大きいですが、ニキビを作っている毛穴にまでは成分は浸透しずらいです。

それに対してBHAは油溶性で、毛穴への浸透が良いので、ニキビにも効果的です。

またAHAが自然由来成分なので、AHAの方が肌に良いと思っている方も多いですが、実際はBHAの方がカサつきや乾燥が少なく使用感も高いです。

2.徹底的な保湿

hositu-keshousui

古い角質が毛穴に詰まったり、過剰な皮脂分泌が発生するのは、「角質層のバリア機能が低下していることによる影響」が大きいです。

通常肌のバリア機能が低下すると、外部からの攻撃や刺激が肌に伝わりやすくなるので、肌細胞を増産して角質層を分厚くしたり、皮脂量を増やすことで外部の攻撃から肌を守ろうとします。

そして、これらの肌細胞の増産や皮脂量の増加が結果的にニキビを引き起こしてしまうのです。そこでバリア機能を向上させるために必要なのが「徹底的な保湿」なのです。

朝晩の化粧水+乳液は必須

具体的な保湿方法としては朝晩に化粧水+乳液は必ず付けるようにしましょう。ポイントは乳液を塗ることです。保湿というと化粧水というイメージが強いですが実際は、化粧水の場合、成分の多くは水であって、保湿成分はそれほど含まれておりません。

それに対して乳液は保湿成分が多く含まれていますし、濃度も濃いので、高い保湿効果が期待できます。

乳液の油分の量には注意が必要

ただし乳液を選ぶ際には「油分」に注意する必要があります。

通常油分には肌の保湿成分が蒸発しないようフタをする役目があるので、乳液には油分が含まれています。

しかし、ニキビの炎症を引き起こすアクネ菌は皮脂などの油分をエサとして増殖していきます。なので、乳液に含まれている油分が逆にニキビを引き起こすことにも繋がりかねません。

そのためにも乳液は「オイルフリー」のもの、もしくは「ノンコメドジェニック」「ノンコメドジェニックテスト済み」と記載されたものを選ぶ必要があります。

オイルフリーとは名前の通り、油分(オイル)が含まれていませんよということを表していて、ノンコメドジェニックとはニキビの発生に繋がる成分は一切含まれていないということです。

3.動物性脂肪の摂り過ぎに注意

doubutuseisibou

元々私たちの皮膚は、食べたものの栄養素によって構成されています。なので、普段口にする食べ物が変われば、皮膚への影響、ひいてはニキビへの影響が出てくるのが当然です。

食べ物とニキビの関係については食事でニキビを引き起こす4大原因とニキビに効く食べ物まとめに詳しく書いてあるので、そちらを見て頂きたいのですが、あえて1点だけお伝えするとすれば、動物性脂肪の摂り過ぎには注意が必要ということです。

動物性脂肪は肌に次のことを引き起こします。

・男性ホルモンの増加による角化の促進

・中性脂肪(トリグリセリド)の摂り過ぎによる皮脂の増加

男性ホルモンの増加による角化の促進

ニキビを引き起こす要因は様々ですが、なかでも男性ホルモンの増加は大人ニキビの要因として非常に大きいものの一つとされています。

男性ホルモンは肌細胞の増殖を促進して角化を促す作用があるので、角質が溜まり毛穴詰まりの大きな原因になります。

中性脂肪(トリグリセリド)の摂り過ぎによる皮脂の増加

また動物性脂肪に多く含まれている中性脂肪(トリグリセリド)は皮脂の約60%を構成していて、皮脂の原料の多くを占めています。

なので、中性脂肪の摂り過ぎは皮脂の増加を引き起こすことに繋がります。

黒ニキビに悩む人におすすめ化粧品

2018-02-27_16h42_30

黒ニキビに悩む人にはノブACをオススメします。

黒ニキビを治すためには毛穴対策が重要で、なかでもピーリング洗顔がオススメとお伝えしましたが、ノブの洗顔料にはBHAが含まれていて、マイルドピーリング効果が期待できます。

またビタミンC誘導体が含まれているので、開いた毛穴の引き締めにも効果的ですし、抗酸化作用により、白ニキビが酸化して黒ニキビに成長するのを防ぐ効果もあります。

臨床皮膚医学によって開発されたとても信頼のできる化粧品です。


サブコンテンツ

このページの先頭へ