眉間ニキビが発生する根本的な原因と正しい治し方を徹底解説

miken

眉間ニキビが発生する根本的な原因

眉間ニキビについてネットで調べてみると、眉間ニキビの原因について様々なことが書かれています。

  • シャンプーや洗顔のすすぎ残し
  • 整髪剤による影響
  • 前髪による刺激

などです。これらが原因でニキビが発生することが絶対にないとは言えません。ただ影響としてはごくごくわずかです。

ニキビというのは古い角質や過剰な皮脂が原因で毛穴が詰まることで発生し、詰まった毛穴の中でアクネ菌が増殖することで悪化していきます。これがニキビの本来の発生過程であって、多少シャンプーや洗顔、整髪料が残ったくらいでニキビが発生するということはありません。

シャンプーや洗顔料などのすすぎ残しが本当に大きな原因であれば、シャンプーや洗顔料は年齢を問わずみんな使うので、10代~30代までどの年代の人でも発生するはずです。

しかし眉間ニキビの場合、悩むのは10代~20代前半の人が大半です。それは眉間ニキビの大きな原因が『過剰な皮脂』だからです。

眉間ニキビはの大きな原因は過剰な皮脂

実際にYahoo知恵袋などで眉間ニキビに関する悩み相談を見てみても、眉間ニキビに悩む人は10代を中心に若い人がとても多いですが、それは思春期になると男性ホルモンの分泌量が急激に上昇するからです。

tesutosuteron

こちらの表を見ていただくと分かるように、10代の中盤から後半にかけて男女ともに男性ホルモンの一種であるテストステロン値が急激に上昇します。思春期になると急激に皮脂量が増えますが、これはテストステロンが皮脂腺を刺激するためです。

またTゾーンといって、おでこから鼻にかけての皮膚は元々皮脂腺が多く、皮脂が出やすい場所です。そのため思春期になると毛穴の出口で皮脂の渋滞が発生して、毛穴が詰まることでニキビが発生してしまうのです。

20代中盤以降の人の場合

なかには20代中盤以降だけど眉間ニキビに悩まされている人もいると思います。こういった人の場合、大人ニキビの特徴であるストレスなどによるホルモンバランスの影響かというとそうとも言えません。

通常大人ニキビの場合は、口周りやアゴ周りに発生するのが普通で、これら大人ニキビは肌の乾燥が原因になっているケースが非常に多いです。そのため20代以降で眉間ニキビに悩んでいる人も、思春期による眉間ニキビと同じように、過剰な皮脂が原因と考えるのが自然です。

眉間ニキビの正しいケア方法

多くの記事では眉間ニキビの対処法として、洗顔やシャンプーのすすぎ残しに注意するとか、ビタミンの豊富な食べ物を摂取するなど書かれていて、これも間違いとは言い切れませんが、ニキビに与える影響は小さいです。

ニキビのケアは本来『洗顔や化粧水による外部からのケア』『食事や睡眠などの改善による内部からのケア』に分けることができます。

眉間ニキビの場合はテストステロン値が急激に上昇することが原因なので、食事や睡眠による内部からのケアを行なっても、思春期特有のテストステロン値の上昇をコントロールすることはできません。

それよりは、分泌される皮脂を外部から取り除くことで、皮脂量をコントロールすることが大切です。そのため眉間ニキビの場合は『洗顔』と『保湿』が基本的なケアになってきます。

正しい洗顔方法

洗顔料は一日1回から始める

過剰な皮脂がニキビの原因になっているのなら、洗顔料をを使った洗顔は一日2回3回と複数回行なったほうが良いと思うかもしれません。ただまずは一日1回から始めて、その後のニキビの発生状態などを確認しながら回数を増やして、自分に合う洗顔回数を見つけていくのをオススメします。

そもそも人間の肌にはマラセチア菌、表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌といった様々な常在菌が存在していて、これらが複合的に作用し合うことで細菌の繁殖などを防ぎ肌を健康な状態に保っています。

言うなれば肌に常在菌が存在している状態が普通なのです。しかし洗顔後はこれらの常在菌が全て洗い流されてしまうので、肌の免疫力が低下してしまい肌トラブルを引き起こしやすくなります。

一日に何度も洗顔をするということは、それだけ常在菌を洗い流して肌の本来の状態から遠ざけている行為なので、デメリットも大きいです。

しかし当然、皮脂による毛穴詰まりを防ぐためには洗顔がある程度は必要です。なので洗顔料を使う洗顔は、まず夜の1回から始めて、それでもニキビの状態が変わらないなら、朝も使ってみて自分の肌の状態を確認しながら調整していきましょう。

正しい保湿方法

肌の水分量が多い思春期でも洗顔後は必ず保湿を行うようにして下さい。洗顔後のカラカラの肌は常在菌も皮脂膜もないので非常にデリケートな状態で、バリア機能も低下しています。

この状態を放っておくと外部からの刺激が皮脂腺に伝わりやすく、必要以上に皮脂が分泌されてしまいます。また乾燥した肌では肌表面に古い角質が溜まりやすく、これら古い角質が毛穴詰まりを引き起こすことにも繋がるので、乾燥肌を防ぐためにも保湿は必須です。

保湿は化粧水と乳液がセット

保湿というと化粧水のイメージが強いと思いますが、化粧水はつけ心地やさっぱり感を重視して作られているので、水の含有量が多く保湿効果はそれほど高くありません。

それに対して乳液(美容液)は水の含有量が少ない分、高濃度の保湿成分が含まれているので高い保湿効果が期待できます。なので保湿は化粧水と乳液をセットで行うようにして下さい。

 

実際にスキンケアに関する書籍をたくさん出されている医師の吉木伸子先生も、著書のなかで保湿に関しては乳液(美容液)が主役になるとおっしゃっています。

乳液を選ぶ際の注意点

保湿の中心になるのが乳液(美容液)ですが、選ぶ際には注意が必要です。そもそも乳液には保湿成分などが蒸発しないようにフタをするという役割があるので、油分が含まれているものがあります。

アクネ菌は油分を分解することで遊離脂肪酸を作り出し、この遊離脂肪酸が炎症の原因となるので、ニキビ肌に悩む人に油分は禁物です。

そのため乳液を選ぶ選ぶ際にはオイルフリーと書かれているものを選びましょう。またニキビ専用のスキンケア商品などには『ノンコメドジェニック化粧品』と書かれたものがあります。これはニキビを誘発する成分が一切含まれていないという意味で、迷ったときはこういった表記のあるものを選べば間違いありません。

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ