顔中全体のニキビに悩む人へ正しい原因と治し方

nayami
顔中にニキビができてしまって、どうしようもない、、

頬ニキビ、顎ニキビ、おでこニキビなどなど、ニキビにはできる部位によって様々な名称が付けられています。

でも、そんな一部分にできるニキビじゃなくて、顔全体にできるニキビにどう対処していのか分からないと悩んでいる人は多いはずです。

そこで今回は顔中全体にできるニキビについてお伝えしていきます。

思春期ニキビor大人ニキビ

実は同じ顔中にできるニキビでも、思春期ニキビと大人ニキビとでは、全く別物になってきます。

・思春期ニキビ(中高生)

・大人ニキビ(大学生以降)

なので、原因や対処法について考える時はそれぞれ別々に考える必要があります。

思春期ニキビの場合

思春期になると、性ホルモンが活発化することによって、男性も女性も皮脂量が急激に増加します。性ホルモンの分泌量と皮脂量には相関関係があり、それくらい、思春期には一気に大量の皮脂が分泌されるのです。

そして、顔の中でも特に皮脂腺が多い、おでこや頬を中心に大量の皮脂が分泌されて、毛穴詰まりが起きることで、顔中にニキビが発生します。

なので、思春期で顔中のニキビに悩んでいるという方は、顔全体といっても、アゴ周りはそれほどなく、おでこや頬にたくさんのニキビができる人が多いはずです。

また大人ニキビの原因が複数あるのに対して、思春期ニキビの原因はたった一つ『急激な皮脂量の増加』だけという場合がほとんどです。

思春期ニキビの治し方

なので、思春期で顔中にできるニキビに悩んでいるという方は、『いかに過剰な皮脂を抑えるか』が大事になってきます。

そして過剰な皮脂を抑えるために一番重要なことは『徹底的な保湿』です。

皮脂の主な役割は肌を油分で覆うことで、水分の蒸発を防ぐことにあります。つまり、肌が乾燥していれば、それだけ皮脂が分泌されやすくなるのです。

思春期の頃は、肌のターンオーバー(生まれ変わり)のサイクルも早く、大人に比べると水分量が保たれやすいです。ただ、だからといって、何もしないとニキビは確実に悪化します。

特に、洗顔後は、水分・油分・常在菌含めて、なにもかもが洗い流された状態なので、保湿は必須です。朝起きた時と洗顔後は必ず保湿するようにしましょう。

特に顔中ニキビで悩んでいる人は、人よりさらに皮脂量が多い状態です。『とにかく余分な皮脂を出さない!』これが根本治療に繋がります。

思春期の顔中ニキビにおすすめ化粧品

スクリーンショット 2015-06-13 10.12.14

思春期の顔中ニキビに悩んでいる人におすすめの化粧品はルナメアACです。

ルナメア独自技術である『アクネシューター』は、ニキビ有効成分とうるおい成分が油分に引き寄せられる性質をもつ特殊成分です。

つまり、思春期ニキビの特徴である皮脂が多ければ多いほど、毛穴の奥深くにまで、しっかり有効成分が浸透する仕組みになっているのです。

このような油分に成分が反応するという特性をもつ化粧品はルナメアだけです。

一週間分で1,000円とお試ししやすいですし、まず試してみてはいかがでしょうか。


大人ニキビの場合

次は大人ニキビです。実は大人で顔中ニキビに悩んでいるという人は結構やっかいです。というのも、思春期ニキビの原因が『過剰皮脂』だけなのに対して、大人ニキビの原因は様々なものが考えられるからです。

ニキビの考えうる限りの全ての原因9つを解説

ただ、原因はたくさんあるとして、結果として大人ニキビを引き起こす原因は主に次の2つです。

・毛穴に古い角質が詰まる

・過剰な皮脂が毛穴詰まりを引き起こす

ニキビを完全に治すと考える場合、ニキビを引き起こす根本的な原因を取り除く必要があります。例えば、食生活の乱れやストレス、便秘などなどです。

ただ、顔中のニキビに悩んでいる場合、根本治療よりも、とにかく今あるニキビを減らしていくことが大切です。

たくさんのニキビを放っておけばおくほど、ニキビ跡を作ることにも繋がりますし、結局何か分からない原因探しに時間を費やすより、今あるニキビを減らすことのほうが重要だからです。

なので大人ニキビで顔中のニキビに悩んでいる人は、とにかく、

・古い角質を取り除く

・過剰な皮脂を抑える

この2つに専念しましょう。

大人ニキビの治し方

古い角質対策

若いころは、どんどん肌が生まれ変わるので、角質で毛穴が詰まるということは、それほど起きないのですが、歳を重ねるにつれて、下記のような様々な要因によって、古い角質が溜まりやすくなります。

・ターンオーバー(肌の生まれ変わり)サイクルが遅くなる

・ストレス

・食生活の乱れ

・紫外線

そして、これら古い角質が毛穴を塞ぐことで、ニキビが発生します。角質対策として、一番有効なのはピーリング成分の入った石鹸を使うことです。

ピーリング石鹸には古い角質を溶かす成分が入っていて、医療機関の治療方針である『ニキビ治療ガイドライン』にも、ピーリング石鹸の使用が勧められています。

ピーリング石鹸を使ったことがない人は、少し怖いと感じるかもしれませんが、ピーリング成分は『古い』角質にしか反応しないので、安心して使って大丈夫です。

過剰な皮脂対策

皮脂を抑える方法としては、ビタミン剤などを飲まれる方も多いですが、オススメは『徹底的な保湿』です。

思春期ニキビのところでも説明しましたが、本来皮脂というのは、肌から水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。なので、肌がしっかり潤っていれば、過剰な皮脂は分泌されません。

実際に肌を保湿していく際の注意点は、化粧水後の乳液(美容液)を必ず塗るということです。

日本では、保湿=化粧水のイメージがあると思いますが、湿度の低いヨーロッパなどでは、保湿は乳液や美容液を使うのが一般的です。

乾燥しやすいヨーロッパでは化粧水だけでは保湿が間に合わないからです。それくらい保湿力で言えば、乳液(美容液)の方が優れているのです。

ただ、乳液を使う際は、必ず『オイルフリー』のものを使うようにして下さい。油分はアクネ菌のエサとなるので、油分の強いものを使ってしまうと、ニキビが悪化してしまうことにも繋がりかねません。

大人の顔中ニキビにおすすめ化粧品

2018-05-07_22h42_56

顔中の大人ニキビに悩んでいる人には『ノヴAC』がおすすめです。

ノブの洗顔料にはマイルドピーリング成分が入っているので、古い角質を取り除くのにとても有効です。

また保湿に関しては、『セラミド』含有で、高い保湿力が期待できます。セラミドは数ある保湿成分の中でも、最も高い保湿効果を持っているとされている成分で、多くの美容専門家が推奨しています。

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ