ニキビを治すための期間を3つのタイプ別に紹介

なかなかニキビが治らないけど、ニキビってどれくらいしたら治るのだろうか。今回はニキビを治すためのの期間についてお伝えしたいと思います。

e3b1b8f455333bfff2ea53518c4ad96f_s

ニキビがなかなか治らない

急にニキビができてしまった人から、以前からずっとニキビに悩まされている人まで、一体どれくらい経ったらニキビを治すことができるのかと、考えることがよくあると思います。

ただ、一口にニキビを治す期間と言っても、ニキビができてもすぐに治ってしまう人もいれば、なかなかニキビが治らない人もいます。この2つを分けるのはどういった要因なのでしょうか。

そこでまずは簡単にニキビが発生するプロセスについて見ていきましょう。

ニキビというのは簡単に言うと毛穴の出口が詰まっている状態です。毛穴が詰まった状態で毛穴の中で皮脂が分泌を続けたり、その皮脂をエサとするアクネ菌が増殖するとニキビが成長し悪化していきます。

つまりニキビとは毛穴の出口が塞がると発生してしまうのですが、その毛穴の出口を塞ぐ要因が次の2つです。

①ターンオーバーの乱れ(主に大人ニキビ)
②過剰な皮脂分泌(主に大人ニキビニキビ)

そしてこのターンオーバーの乱れや過剰な皮脂分泌を促してしまう大本の原因には次のようなものがあります。

1.生活習慣の乱れ
2.乾燥肌
3.オイリー肌
4.ホルモンバランスの乱れ
5.思春期

つまりニキビを治すための期間とは、これらのニキビ発生の大本の原因を、どれくらいかの期間で治すことができるか、または抑えることができるかにかかってくるのです。

ニキビが治りやすい、治りにくい人

ただしそうは言っても、洗顔をしっかり行うだけでニキビが治る人もいれば、あらゆる洗顔法や塗り薬を試してもなかなか治らない人もいます。すぐにニキビが治る人と治らない人では具体的に次のような違いがあります。

①一時的な要因
②慢性的な要因
③ニキビ肌体質

①一時的な要因

まず一時的な要因とは具体的に次のようなことを言います。

✔一時的な食生活の乱れ
✔一時的な睡眠不足
✔一時的なストレス
✔一時的な便秘
✔季節的な要因による一時的な肌の乾燥
✔生理前などの一時的なホルモンバランスの乱れ

これらに該当する人は、このニキビ発生の原因を正したり、しっかり洗顔や保湿を行いニキビ対策に努めれば、すぐにニキビは治っていきます。

大体目安としては2週間〜1ヶ月くらいで治っていくのが一般的です。

②慢性的な要因

慢性的な要因とは具体的に次のようなことを言います。

✔慢性的な食生活の乱れ
✔慢性的な睡眠不足
✔慢性的なストレス
✔慢性的な便秘
✔慢性的なホルモンバランスの乱れ

慢性的なストレス、睡眠不足、食生活の乱れなどは学校や職場の環境にも左右されるものなのでそう簡単にニキビも治すことができません。

例えば人間関係や職場環境などによるストレスが原因でターンオーバーが乱れ、ニキビが発生している場合は、簡単に『ストレス解消しましょう!』と言っても、できるものではありませんよね。

もちろん食生活の乱れや便秘などなるべく自分でコントロールできるものに関しては治していくべきです。ただしなかにはどうしても自分の力ではどうにもならないものもあります。

そういった場合は、洗顔、保湿、塗り薬を併用しながら上手にニキビと付き合って行くのも1つの手だと思います。

慢性的なニキビ発生要因を持っているので、常にニキビの種が埋められている状態ではあるのですが、上手にニキビケアさえ行えばニキビを発生させない状態を保つことはできます。

大体目安としては3週間〜2ヶ月程度です。

>>>ニキビの考えうる限りの全ての原因9つを解説

③ニキビ肌体質

ニキビ肌体質とは具体的に次のようなことを言います。

✔乾燥肌
✔オイリー肌
✔男性ホルモンの量が多い

男性ホルモンの量が多い人は皮脂の量が多くなり、皮膚が硬く、厚くなるのでその分毛穴が詰まりやすい傾向があります。

これらに該当する人は元々の肌質がニキビができやすい状態なので、特に何もしていなくてもニキビができてしまいます。なので日常的なピーリング洗顔や保湿、ニキビに効果的な成分を与えることは必須です。

そして何年以上にもわたってニキビに悩む人の多くは、元々がニキビ肌体質であり慢性的な生活習慣の乱れなどを引き起こしている人が非常に多いです。

ただしこういった方も正しいニキビケアさえ行えば、時間はかかりますが必ずニキビは治ります。

ボク自身ニキビ肌体質でありながら、慢性的なニキビ発生要因を持っていたので、10年以上ニキビとは戦ってきました。それでも、なるべく慢性的なニキビ発生要因を改善して、正しいニキビケアを行っていくことで、ほぼニキビはなくなりました。

大体目安としては3週間〜3ヶ月程度です。

>>>ニキビは遺伝する?禁断のニキビと遺伝の関係を解説

まとめ

大体次のような期間を目安としましょう。

①一時的な要因でニキビが発生している人

2週間〜1ヶ月

②慢性的な要因でニキビが発生している人

3週間〜2ヶ月

③ニキビ肌体質でニキビが発生している人

3週間〜3ヶ月

>>>皮膚科へ行ってもニキビが治らないと絶望している人へ

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ