これで間違いなし!ニキビ肌に効果的な乳液&美容液講座

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_s

ニキビ肌の方にとって『保湿』はとても重要です。ただ化粧水に関してはしっかり付けているけど、乳液や美容液までは付けていないという方も結構いるんじゃないでしょうか。

また乳液や美容液は見た目からして、毛穴を塞いでしまいそうなイメージもあり、ニキビを悪化させてしまうんじゃないかと思っている方も多いと思います。

そこで今回はニキビ肌における『乳液&美容液』の必要性やニキビへの効果などについてお伝えしていきたいと思います。

保湿の必要性

ニキビ肌の方にとって乾燥は大敵です。軽くおさらいするとニキビとは毛穴の詰まりによって発生します。そして毛穴の詰まりは肌表面の角質が厚くなったり、硬くなったりして、毛穴の出口が塞がれることによって発生します。

つまり単純に言うと肌が厚くなったり、硬くなったりすることがニキビ発生の要因になってしまうわけです。

そして乾燥肌というのは、お肌に水分がない状態なので、外敵からの刺激にとても弱い状態です。なので乾燥した肌は外敵から身を守るために、肌を厚く、硬くしていく性質があるのです。

要するにニキビの原因となる肌の硬化、肥大は乾燥肌によって引き起こされてしまうのです。

なのでニキビ肌の方はニキビ予防のために保湿がとても重要です。またニキビ肌の方は洗浄力の強い洗顔料を使っている人も多いので、洗顔後のお肌は、水分も油分も常在菌もいない、まっさらなカピカピ砂漠状態です。

とにかく肌の乾燥はニキビの原因となるので保湿はとても重要です。

>>>もう迷わない!ニキビ肌のための王道で正しい洗顔方法

保湿は化粧水だけで十分?

日本人は化粧水が大好きなので、保湿というとまっさきに思い浮かべるのが『化粧水』です。また付け心地もサラサラしていて気持ちが良いので、ねっとりとした乳液や美容液はニキビに逆効果と敬遠されがちです。

しかし!化粧水に過度な保湿効果を求めるのは禁物です。化粧水がサラサラしているのは成分の大半が水だからです。もちろんその分ニキビや保湿に効果的な有効成分の含有量も少ないです。

また化粧水を付けても多くが蒸発してしまうので、ほとんどが角質の2〜3層までしか届きません。

なのでもちろん化粧水も付けないよりかは付けたほうが良いのですが、肌の内部までしっかり保湿させるためには、化粧水の後の乳液&美容液が欠かせません。

>>>これで間違いなし!ニキビ肌に効果的な正しい化粧水講座

美容液の保湿効果とニキビへの有効性

美容液というのはその名の通り、保湿成分や美白成分など肌へ潤いや栄養を与える有効成分がたくさん入ったスキンケアアイテムです。化粧品会社は日々肌への有効成分や効果について研究開発しています。

そういった最先端の研究成果が如実に表れるのが美容液です。美容液は化粧品会社の研究成果を集約したアイテムと言ってもいいぐらいです。

なので化粧水のあとに美容液をしっかり塗ってあげることで保湿効果はぐーーんと上がります。

肌をしっかり保湿するために美容液が必要なのは分かった、でも毛穴を塞いだりしないのか?という心配もあると思います。しかし美容液に関しては油分が少ないものがほとんどなので心配は無用です。

気になる場合は商品を購入する前に油分の含有量を確認してみるといいでしょう。

美容液の選び方

ニキビ肌の方にとって重要なのは美白ではなく保湿です。美容液を選ぶ際は保湿成分に着目することが大事です。

そして数ある保湿成分の中でも1番おススメなのが『セラミド』が入った美容液です。ちょっと専門的な話しをすると、皮膚の角層のうるおいを左右する保湿物質は大きく分けて3つあります。

『角層細胞間皮質』『天然保湿因子』『皮脂』の3つです。これらは肌表面のうるおい度を担っている大切な物質なんですが、実は肌の保湿にとても関係のありそうな『皮脂』は水分保持に3%しか役立っていません。

それに対して『角層細胞間皮質』というのは80%も水分保持に役だっています。つまり水分を保持し、保湿させるためにはこの『角層細胞間皮質』の成分がしっかり入っているものが重要になってくるのです。

そしてこの角層細胞間皮質の大半4割を占めるのが『セラミド』なのです。セラミドには水分をサンドイッチのようにぎゅっと挟み込む性質があり、どんなに湿度が下がって空気がカラカラになっても絶対に水分を離さない、最強の保湿成分です。

数ある保湿成分の中でも『セラミド』の保湿力は群を抜いていて、多くの皮膚専門家も必須の保湿成分として挙げています。

なので迷った時は『セラミド』が含まれている美容液を選べば間違いないです。

乳液の保湿効果とニキビへの有効性

実はこの乳液はニキビ肌の方にとってやっかいなシロモノです。以前のボクもそうだったんですが、保湿って化粧水オンリーか、化粧水→乳液、と使っている人が多く、美容液はお肌の曲がり角を過ぎてから使うものだと思っていた人も多いんじゃないでしょうか。

実はこれ間違いで、乳液の本来の目的を知るとなんで間違っているか分かっていただけると思います。

実は乳液の本来の目的は油分を補うことにあります。よく『化粧水のあとに乳液でフタをする』なんて言われますが、これは油分を補い水分が蒸発しないようフタをするという意味があったんです。

ここでおさらいですが、ニキビの大敵であるアクネ菌は油をエサとして成長していきます。つまり乳液で油分を補ってあげるのはアクネ菌にエサを与えているようなものです。

>>>超簡単!ニキビができる原因について端的に解説

なのでニキビ肌の方は乳液は控えたほうがいいでしょう。

極度の乾燥肌の人でどうしても油分が必要な人は、美容液の後に少しだけ付けるようにしましょう。乳液は油で肌にフタをする役目があるので、美容液の前につけると、美容液の有効成分が肌に浸透しづらくなります。

つまりニキビ肌の方の本来のスキンケアは次の方法がベストだということです!

洗顔→化粧水→美容液

ニキビ用乳液?

なんかここまで聞くと完全にニキビ肌にとっては乳液が悪者のように映ってしまったかもしれないのですが、よく考えてみるとニキビ肌化粧品に乳液が存在しています。。

ニキビ肌に乳液は良くないのに、どうしてニキビ肌専用の乳液があるんだーー!と思ってしまいますよね。実はこれからくりがあって、ニキビ肌のための乳液というのは、ほとんどがオイルフリーか、油分がわずかしか入っていないのです。

つまり本来乳液とは油分を補うのが目的なのに、油分が入っていないという矛盾。。なんか訳分かんなくなってしまいますよね。

実はこれらの乳液は、乳液という名を使っているだけでほとんど美容液のようなものなんです。オイルフリーのセラミド含有乳液なんてものもあります。。

これは美容液じゃないかー!と突っ込みたくなるのですが、おそらく日本人の多くが化粧水のあとに付けるものは乳液と思っている人が多いので、あえて美容液は付けずに、オイルフリーの乳液を付けるようになったんだと思います。

ということで、ニキビ肌専用コスメなどに付いてくる乳液は使っても問題ないということです。乳液だけど美容液を付けているんだと思っていただければ問題ないです。

まとめ

ニキビ肌には乾燥は大敵で、乾燥を防ぐためには化粧水だけでは不十分です。しっかり肌の内部まで保湿するためには、保湿成分がたっぷり含まれた美容液をつけましょう!

また美容液を選ぶ際は『セラミド含有』のものを選べばまず間違いないです。

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ