プロテインでニキビは増えません!理由を徹底解説

プロテインを摂り過ぎるとニキビが増えるという話しを聞いたことがかもしれませんが、果たしてこれは本当なのでしょうか?

puroteinn1

プロテインでニキビが増える?

男性も女性も引き締まった体造りをするのにプロテインを飲まれている方は多いんじゃないでしょうか。ただニキビに悩んでいる人は、もしかしてプロテインがニキビを悪化させている原因なんじゃないかと考えてしまうかもしれません。

実際プロテインがニキビを増やす原因となる!と書かれたサイトが結構見受けられます。ただこれって本当なのでしょうか?

栄養過多がニキビの原因?

実際にプロテインがニキビを増やす原因としてよく挙げられているのが『プロテインの栄養過多』です。プロテインには栄養がたくさん含まれているので、栄養の摂り過ぎがニキビを悪化させてしまうということです。

でも栄養の摂り過ぎがニキビを悪化させてしまうのであれば、栄養が豊富と言われている緑黄色野菜や果物の摂り過ぎはニキビの悪化に繋がるのでしょうか。

もちろん野菜や果物をたくさん摂っても、ニキビの悪化には繋がりませんよね。

一口に栄養と言っても、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンなど様々な栄養素があるにも関わらず、それらを一括りにして、栄養過多がニキビを引き起こすと書いてしまうのは乱暴だと思います。

ただし数ある栄養素の中でも、糖分と脂肪分の摂り過ぎは皮脂量を増加させることが分かっています。皮脂量が多くなると、毛穴の詰まりの原因となりますし、ニキビ悪化にも繋がります。

糖分は身体の中に入ると皮脂の分泌を盛んにする『遊離脂肪酸』という物質に分解されますし、動物性脂肪は皮脂の材料となる『トリグリセリド』という物質に分解されます。

つまり栄養の摂り過ぎではなく『糖質』『脂質』この2つの栄養素の摂り過ぎがニキビ悪化に繋がるのです。

プロテインは糖分・脂質が多いのか

それではプロテインはニキビの悪化に繋がる『糖質』『脂質』が多く含まれているのでしょうか。

ここでは脂っこいものの代表である『ポテトチップス』と、甘いものの代表である『ショートケーキ』の栄養素をそれぞれプロテインと比較してみたいと思います。

※糖質に関しては多くが炭水化物として表記されているので、炭水化物の量で比較したいと思います。炭水化物は分解されるとブドウ糖になるので、糖質とほぼ同じです。

プロテインVSポテトチップス

❏プロテイン(100g当たり)

炭水化物:0.7g
脂質:1.3g

❏ポテトチップスうす塩(100g当たり)

炭水化物:55.7g
脂質:34.0g

ご覧のとおりプロテインと比べて、ポテトチップスには約80倍の炭水化物、約26倍の脂質が含まれていることが分かります。

出典:グリコ
出典:湖池屋

プロテインVSショートケーキ

❏プロテイン(100g当たり)

炭水化物:0.7g
脂質:1.3g

❏ショートケーキ(100g当たり)

炭水化物:25.5g
脂質:18.9g

ショートケーキに関してはプロテインと比べて、約36倍の炭水化物、約15倍の脂質が含まれていることが分かります。

つまりプロテインにはニキビ悪化に繋がる糖質も脂質もとても少なく、プロテインがニキビを悪化させるというのは間違っていることが分かります。

出典:山崎製パン

プロテインでニキビは増えない

プロテインの主成分はタンパク質ですが、タンパク質はニキビを悪化させるどころかむしろ新しい肌細胞の生成に関わってくるので、肌の状態を良くします。

下手に脂っぽい肉などでタンパク質を摂るより、プロテインでタンパク質を摂るほうが糖質や脂質の過剰摂取を抑えることができるので、ニキビ予防に繋がるでしょう。

んーー、考えれば考えるほど、むしろプロテインはニキビに良いような気がしてきました^^; どうしてプロテインがニキビを悪化させるという風評が広まってしまったのでしょうか。

ただしプロテインをジュースや牛乳などで摂取している人は注意が必要です。体造りにプロテインを飲んでいる人はプロテインではなく一緒に飲んでいる飲み物を注意してみた方が良いかもしれませんね。

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ