ニキビ跡に最強成分ビタミンC誘導体の効果とは

7b4956c58a213232baca20833f730e03_s

ニキビは治ったけど、ニキビ跡が残ってしまった、ニキビ跡を治したい、そんな方にオススメなのがビタミンC誘導体です。今回はビタミンC誘導体の効果についてお伝えしていきます。

ニキビ跡に効果的な成分とは

ニキビは治ったんだけど、ニキビ跡が残ってしまった、ニキビも治したいけどニキビ跡も一緒に治したい、そう思っている方たくさんいらっしゃると思います。

かくいうボクもニキビ跡とは長い間戦いを続けてきました。赤み、色素沈着、凹凸肌どれも経験済みです!偉そうに言えるようなことではないですが..

ニキビ跡を治していくのに効果的な成分としてビタミンC誘導体の名前を聞いたことがある人も多いと思います。実際化粧品売り場でもビタミンC誘導体の文字はちょこちょこ見かけます。

ではビタミンC誘導体とはニキビ跡に具体的にどういった効果があって、どの程度効果的なのでしょうか。

そもそもニキビ跡の仕組みとは

そもそもニキビ跡と一口に言っても3種類に分けることができます

①赤み
②色素沈着
③凹凸肌

順番に簡単に説明していきますね。

①赤み

ニキビ跡の1つ赤みですがこれもまた3つに分類されます。

Ⅰ.炎症による赤み
Ⅱ.毛細血管の拡張
Ⅲ.毛細血管のうっ血

まずニキビというのは古い角質が毛穴の出口を塞ぐことで発生します。そして出口が塞がった毛穴の中では、行き場を失った皮脂が絶えず分泌されるわけですが、その皮脂をエサとしてアクネ菌が毛穴の中に侵入してきます。

そしてアクネ菌に対して免疫細胞が反応し、アクネ菌VS免疫細胞の戦いが始まり、それによって炎症が起きるのです。

>>>超簡単!ニキビができる原因について端的に解説

そしてニキビが治った後も炎症だけは引かず残ってしまうケースがああります。これが、Ⅰ.炎症による赤みです。

またアクネ菌VS免疫細胞の戦いが起きると周囲の皮膚はダメージを受けます。そしてそのダメージを受けた場所を修復するために集中的に毛細血管がつくられます。すると皮膚表面に血管が透けて見えるようになり皮膚が赤らんで見えます。

これがⅡ.毛細血管の拡張による赤みです。

そして逆に戦いの結果周囲の血管が傷つけられる場合もあります。すると傷つけられた血管では血流の流れが悪くなり滞ってしまい、それが皮膚表面に赤みのように映るのです。

これがⅢ.毛細血管のうっ血による赤みです。

②色素沈着

先ほどニキビができるとアクネ菌が発生すると説明しましたが、このアクネ菌は活性酸素も放出します。活性酸素は肌を老化させる物質で、シミ・シワ・たるみなどの原因になってしまいます。

そこで肌はこの活性酸素から肌を守るためにメラニンという物質を発生させます。このメラニンは活性酸素を吸収してくれるのですが活性酸素を吸収したメラニンは赤黒く変色してしまいます。

これが肌に留まり続けると肌が赤黒く変色したように見えるのです。言って見れば色素沈着とは、メラニンが活性酸素から守ってくれた証拠でもあるのです。

アクネ菌→活性酸素発生→メラニンを生成→メラニンが活性酸素を吸収→赤黒く変色

紫外線を浴びると肌が変色するのもこれと同じ原理です。

③凹凸肌

pixta_22602168_s-hada-dannmenn

小さなニキビなどが発生しても、治った後は跡形もなく元の肌に戻ってくれますよね。これは図の肌生産工場である基底層が日々新しい肌を作り続けているからです。

しかしあまりにもニキビが大きくなって炎症が酷くなってしまうと、肌生産工場の基底層やその下の真皮というところまで被害を受けてしまいます。

真皮は肌生産工場より下にあるので、ここを破壊されてしまうとその部分だけ凹んでしまいます。これが凹凸肌の原因です。

ビタミンC誘導体の効果とは

このようにニキビ跡には3種類あることが分かりました。次はビタミンC誘導体の効果についてです。ビタミンC誘導体とはいわゆる美白成分のうちの1つです。

美白成分とは他にもアルブチン、ルシノール、リノール酸などありますが、その中でも特に美白に効果が高く、多くの美容皮膚専門家が推奨しているのがビタミンC誘導体です。

またビタミンC誘導体はニキビ跡だけではなく現在ニキビに悩んでいる人にもオススメで、ビタミンC誘導体はニキビ予防・現在あるニキビ・ニキビ跡全てに効果があり、とても優れたニキビ万能成分です。

そしてこのビタミンC誘導体はニキビ跡に次のような効果がああるとされています。

✔ターンオーバーを促進させる
✔色素沈着の元となるメラニンを消す
✔コラーゲンやセラミドの合成促進

ニキビ跡のタイプ別に見て行きましょう。

①赤み・色素沈着
②凹凸肌

①赤み・色素沈着

pixta_22602168_s-hada-dannmenn

赤みや色素沈着は基底層より上のどこかで、炎症が起きていたり、血液が滞っていたり、変色したメラニンが留まっているということでしたよね。

つまり次のような効果を発揮することでニキビ跡改善につながるのです。

ターンオーバーのスピードを早くしてニキビ跡の原因を角質表面から剥がし落とす
✔直接ニキビ跡の原因を美白成分で消す

ビタミンC誘導体によるこの2つの効果により赤みや色素沈着を改善していくわけです。ただニキビ跡はそう簡単に治るものではないので、ある程度地道な治療は必要です。通常、

赤みは2ヶ月〜6ヶ月
色素沈着は3ヶ月〜6ヶ月

程度の治療が必要だと言われています。ある程度の期間は必要ですが、地道に治療を続けて行けばほぼ必ず治すことができます。

実際ボクもひどい赤みや色素沈着が残っていましたが、ほとんど治りました。

②凹凸肌

赤みや色素沈着と比べて完治させるのが難しいとされるのが凹凸肌です。凹凸肌は上述した通り、肌生産工場より下にある、コラーゲンやセラミドが破壊されている状態なので、一度壊れたコラーゲンやセラミドを元に戻すのは難しいとされています。

ただビタミンC誘導体にはコラーゲンやセラミドを合成する効果があるので、治すのが不可能というわけではありません。実際ボクも凹凸肌はあるのですが、地道にビタミンC誘導体を塗り続けて、少しは改善しています。

凹凸肌に関してはひとまず3ヶ月を目処として試してみましょう。

ニキビ跡への効果を倍増させる方法

ただもっと早くに効果を実感したいという方にはイオン導入器が効果的です。基本的には肌にはバリア機能が備わっているため、様々な成分は肌内部に浸透しにくくなっています。

その浸透しにくさを改善したのがビタミンC誘導体です。ただそれでも成分の浸透には限界があります。そこでイオン導入器を使うとビタミンC誘導体の肌内部への浸透率をさらに上昇させることができます。

またピーリング洗顔もニキビ跡への効果が期待できます。ピーリング洗顔とは古くなった皮膚表面の角質を溶かしてターンオーバーのスピードを上げる方法です。

つまりターンオーバーのスピードを上げることでニキビ跡の原因の元を早く剥がし落としてしまうのです。

>>>ニキビ治療の王道ピーリングの正しい知識と方法を伝授

まとめ

いかがでしたでしょうか。ビタミンC誘導体はニキビに悩んでいる人には全員使っていただきたい、とても優れた成分です。ニキビ跡にも有効とされている成分の中でも多くの皮膚美容専門家が推奨していてボクも効果は実感しているのでぜひ試してみてください(^^)

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ