ニキビができたらまず行うべき3つの対策

今回はニキビができたらまず行うべき方法についてお伝えしたいと思います。

f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s

ニキビができてしまったら

なんか最近ニキビが増えてきたなー、急にニキビが増えてきたなと思ったら、なんとなく自己流で洗顔料を変えてみたり、塗り薬を塗ってみたりする人が多いと思います。

ただしニキビも『尋常性痤瘡』(じんじょうせいざそう)という名の皮膚の病気です。他の病気と同じように正しい治療法を学んで対処していけば、それだけ早くニキビを治すことができます。

今回は最近ニキビ増えたなと感じる方に、どんなニキビにも効果的な3つの治療法を紹介したいと思います。 

なぜニキビが増えるの?

そもそもニキビというのは毛穴が詰まることによって発生します。毛穴が詰まる原因は主に2つあって、1つ目はターンオーバーが乱れることによって、皮膚表面に古い角質が溜まってそれらが毛穴を塞いでしまうケース、

2つ目は過剰な皮脂が汚れなどを吸着し毛穴を塞いでしまうケースです。

①ターンオーバーの乱れ(主に大人ニキビ)
②過剰な皮脂分泌(主に思春期ニキビ)

>>>超簡単!ニキビができる原因について端的に解説

そしてこれらターンオーバーの乱れや過剰な皮脂分泌を促してしまう原因は主に9つあります。

①食生活の乱れ
②便秘
③睡眠環境の乱れ
④ストレス
⑤間違ったスキンケア
⑥乾燥肌
⑦オイリー肌
⑧ホルモン活動の活発化
⑨ホルモンバランスの乱れ

>>>ニキビの考えうる限りの全ての原因9つを解説

このようにニキビができる原因はたくさんあって、色んな原因が複雑に絡まり合って結果としてニキビが発生してしまいます。

ニキビができたらまず行うべき方法

先ほど説明したようにニキビというのは様々な原因によって発生するのですが、食生活、便秘、睡眠、ストレスなど、主に生活環境の乱れからニキビが発生しているケースが多いです。

なので、ニキビを治すためには、内からと外からの両方のアプローチが非常に大切になってきます。次に主な対策を順番に説明していきます。

①洗顔
②保湿
③生活習慣の改善

①洗顔

当然ですがニキビは毛穴が詰まることによって発生するので、毛穴の詰まりの原因である、古い角質や過剰な皮脂を洗顔で取り除かなくてはいけません。

特にピーリング成分の入っている洗顔料は酸の力によって強制的に古い角質や角栓などを溶かす効果があるのでオススメです。

肌を溶かすと聞くと恐いと感じる方もいるかもしれませんが、ピーリング治療は医療機関向けの治療ガイドラインにも推奨されている治療法ですし、実際美容皮膚科では最もポピュラーな治療法です。

ただし過剰な洗顔は本来肌に必要な常在菌を殺したり、肌の乾燥を招くので、朝は水洗いだけに済ませて、夜に洗顔料を使うようにしましょう。

>>>ニキビ治療の王道ピーリングの正しい知識と方法を伝授

②保湿

ニキビに保湿が重要というのは知っている人が多いにも関わらず、意外と『ニキビと保湿がどう関係あるのかよく分からない』『逆に肌がべたついてニキビを増やしそう』といった理由でしっかり保湿をしていない人が多いです。

実は乾燥肌というのはオイリー肌以上にやっかいなニキビの原因となります。乾燥肌になるとバリア機能が弱まってしまうため、肌を守るために過剰に肌細胞がつくられて、その過剰な肌細胞が角質となって毛穴を塞いでしまうのです。

>>>乾燥肌はニキビができやすいって本当?理由と対策を徹底解明

なので洗顔後は必ず保湿するようにしましょう。また保湿をするというと化粧水を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は化粧水だけでは保湿は不十分です。

というのは化粧水は名前の通り成分の大半が水分でできていて、保湿成分の含有量は少ないです。対して美容液や乳液はドロっとした触り心地から分かるように、保湿成分がたくさん含まれていて、保湿効果は高いです。

ただし1つ注意点があって、乳液というのは本来、水分が蒸発しないよう油分でフタをするという役割があり、油分が多く含まれています。しかし油分はアクネ菌のエサとなるので逆にニキビを増やしてしまう危険があります。

なのでよっぽどの油分が足りなくて、乾燥している人じゃない限り、乳液は避けるようにしましょう。

洗顔⇛化粧水⇛美容液

>>>これで間違いなし!ニキビ肌に効果的な乳液&美容液講座

③生活習慣の改善

最後は生活習慣の改善です。ただ簡単に『生活習慣を改善しましょう』と言っても、そう簡単にできるものではないですよね。特にストレスなどは学校や職場などの人間関係からきているものがほとんどなので、そう簡単に改善できるものではありません。

なので多くの生活習慣の中でも特にニキビに効果のでやすい『睡眠環境』『食環境』の改善方法をお伝えします。

✔睡眠環境
✔食環境

睡眠

多くの生活習慣のなかでも一番ニキビと密接な関係があるのが『睡眠』です。睡眠に関して気をつけたいのは次の2点です。

✔最低6時間は寝る
✔なるべく早い時間に寝る

人間は寝ると『成長ホルモン』が分泌されて肌の修復を行っているのですが、成長ホルモンの分泌は寝て6時間後に終わるとされています。つまり6時間寝ないと肌の修復が中途半端なままで終わってしまうのです。

また成長ホルモンの分泌量は時間帯によっても違っていて、10時〜2時の間が一番成長ホルモンの分泌量が多いとされています。その後は寝る時間が遅くなればなるほど、分泌量は減っていきます。

食環境

睡眠に次いでニキビと密接な関係があるのが『食環境』です。食に関しては次の3つを気を付けましょう。

✔肉や中華料理などの脂っぽいものを避ける
✔お菓子などの甘いモノを避ける
✔ビタミンをたくさん摂る

上の2つに関しては『動物性脂肪』と『糖質(炭水化物)』が皮脂を増やすことが分かっています。特に注意したいのが、炭水化物で、米やパンなどの炭水化物には私たちが思っているより多くの糖分が含まれています。

出典:ごはんと食パンはこれだけの角砂糖を食べていることになる?

またビタミンに関しても『そんなの知ってるよ』という声が多く挙がりそうですが、やはりビタミンが肌に与える影響は非常に大きいです。特にビタミンA.B,C,Eはニキビに次のような効果を与えてくれます。

✔皮膚の粘膜を丈夫にし、免疫力を高める
✔アクネ菌の繁殖を抑制する
✔過剰な皮脂を抑制する
✔炎症を引き起こす活性酸素の除去
✔ターンオーバーを促進する

ニキビを減らす食生活を実践していくのにオススメなのは、ご飯などの炭水化物の量を少し減らして、その分野菜やフルーツを多く摂る方法です。これなら簡単にできそうじゃないですか?

《オススメ記事》

>>>ニキビは遺伝する?禁断のニキビと遺伝の関係を解説

>>>ニキビを治すための期間を3つのタイプ別に紹介

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ