炎症化する大きいニキビの5つの正しい予防法と治し方

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

今回は大きく化膿したり、炎症化したやっかいなニキビについてお伝えしたいと思います。

肥大化するニキビ

ニキビの大きさが大きくて困っている、悩んでいる人も多いんじゃないでしょうか。実際以前のボクもこの症状に悩んでいました。顔中に大量のニキビができるわけではないのですが、1つ1つのニキビが大きいので、とても目立って痛々しい状況でした。

そして大きいニキビは強い炎症を起こしているので痛みを引き起こすことも、しばしばでしたし何よりもニキビ跡になりやすいので本当に嫌でした。このように大きなニキビには単なるニキビとは違い以下の事を引き起こしやすいです。

✔目立つ、見苦しい
✔痛みを引き起こす
✔ニキビ跡になりやすい

それでは具体的に大きいニキビの原因、対策についてお伝えしていきます。

なぜニキビが大きくなる?

スクリーンショット 2014-10-09 22.33.01

出典:http://urx.nu/cO1j

まずは簡単にニキビが成長する過程をおさらいしておきましょう。まずニキビは古い角質や過剰な皮脂が毛穴の出口を塞ぐことで発生します。そして出口が塞がった毛穴の中では絶えず皮脂が分泌されていてその皮脂をエサとするアクネ菌が毛穴の中に侵入してきます。

そこでアクネ菌を退治するために免疫細胞VSアクネ菌の戦いが始まります。この戦いが起きることで毛穴には炎症が起こりニキビが赤く腫れ上がっていきます。

つまりニキビの成長とは次のようになります。

白ニキビ→古い角質や皮脂で毛穴の出口が塞がった状態

赤ニキビ→皮脂をエサとするアクネ菌と免疫細胞の戦いが起きている状態

黄ニキビ→アクネ菌や免疫細胞の死骸や皮脂が混ざり溜まっている状態

>>>超簡単!ニキビができる原因について端的に解説

このように見てみるとニキビが大きくなるにはアクネ菌のエサである皮脂がキーポイントになってくると思いませんか?皮脂が出れば出るほど毛穴の詰まったニキビは大きくなっていきますし、アクネ菌のエサとなり炎症も酷くなっていきます。

そしてもう一つのキーポイントは便秘です。

①過剰な皮脂分泌
②便秘

①過剰な皮脂分泌

実際振り返ってみるとボクも含めて顔に大きなニキビを作っている人はオイリー肌、顔がテカっている人が多かったです。

それは先ほども説明した通り、ニキビというのは毛穴が詰まっている状態なので、詰まった毛穴の中で皮脂が大量に分泌されれば必然的に毛穴は圧迫され、ニキビは大きくなってしまうのです。

また皮脂はアクネ菌の餌なのでその分アクネ菌が暴れて炎症が酷くなるのも当然です。

②便秘

便秘とニキビって一見するとあまり関係がなさそうですが、腸は第二の内臓とも言われていて腸の状態は肌に大きな影響を与えます。

簡単にメカニズムを説明すると、便秘というのは便が腸に詰まっている状態なので、そのまま便秘を放っておくと腸の中で便が腐敗していき有害物質が発生します。

そして本来ならこの有害物質は便とともに体外に流れ出ていくのですが、便秘のため腸の中でどんどん増えていきます。そこで腸はこの有害物質を吸収してしまいます。

そして腸に吸収された有害物質は血液に乗って皮膚にまで移動し、汗や皮脂と一緒に流されていくのです。腸内でどうにもならない有害物質を血液に乗せて汗や皮脂と放出するという、ある意味とても素晴らしい人間の排泄機能なのですが、これがニキビを悪化させる原因となってしまうのです。

つまり便秘がちの人は毛穴から有害物質が出やすいのでニキビ自体が発生しやすいですし、毛穴の出口が塞がった状態で有害物質が出ると、免疫細胞はアクネ菌+有害物質と戦わなくてはいけなのでニキビの炎症はより酷くなります。

>>>ニキビに便秘は大敵?ニキビと便秘の関係を徹底解説

大きいニキビを治す方法

このように大きいニキビが発生するには①皮脂量が多い②便秘を改善する必要があるということです。ただ、、、オイリー肌というのは持って生まれた皮脂腺の量が人より多いということなので、極論生まれつきの体質という面もあり完全に治すのは非常に難しいです。

ボクも、正直今でもたまにニキビは出来る時があるのですが、油断しているとすぐに大きくなってしまいます。やはりある程度自分の持って生まれた肌質を認めてあげることも必要かもしれません。

でも、オイリー肌の人はニキビは大きくなりやすいですが、シミやシワはなりにくいので、ちゃんといい面もあるのです(^^)

ただある程度過剰な皮脂をコントロールすることはできるので、次に具体的な対策をお伝えします。

①保湿
②ビタミンC誘導体
③生活習慣の改善

①保湿

皮脂というのは肌を外敵から守るために分泌されます。そして乾燥はバリア機能が低下している状態なので、放っておくと肌を乾燥から守るためにダクダク皮脂が分泌されます。

そしてそもそもが乾燥肌というのはニキビ発生を引き起こす原因となります。乾燥肌はバリア機能が弱まっている状態なので、肌を守るために肌細胞がどんどん作られていき、肌表面には未熟でいびつな形をした角質でいっぱいになり、それが毛穴の詰まりを引き起こすのです。

>>>乾燥肌はニキビができやすいって本当?理由と対策を徹底解明

保湿に関しては化粧水後の美容液を必ず付けるようにして下さい。化粧水は成分の大半が水なので化粧水だけでは保湿力は不十分です、というより保湿効果は低いです。

それに対して美容液は美容メーカーの最新の美白・保湿成分が入ったアイテムです。さらに美容液を選ぶ際はセラミド含有のものを選ぶとさらに効果的です。

セラミドは数ある保湿成分の中でも最強とされている保湿成分で多くの美容専門家が推奨している成分です。

>>>これで間違いなし!ニキビ肌に効果的な乳液&美容液講座

②ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には次のような効果が期待できます。

✔皮脂分泌を抑制する
✔ニキビの炎症を抑える
✔色素沈着などのニキビ跡を消す
✔潤いの元となる、コラーゲンやセラミドの合成促進

つまり、ニキビ予防、今あるニキビを抑える、ニキビ跡にも効果的なニキビ万能成分です。ビタミンC誘導体は化粧水や美容液に入っているので、選ぶ際には成分チェックをしましょう。

③生活習慣の改善

そもそもニキビというのはターンオーバーが乱れて、古い角質が溜まることでニキビ発生の原因となってしまいます。そしてそのターンオーバーの乱れとは睡眠不足、便秘、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどの生活習慣の乱れが大元となって発生するケースがほとんどです。

つまりニキビ(特に大人ニキビ)というのは生活習慣の乱れが原因で発生しているケースが非常に多いのです。また皮脂の過剰分泌も生活習慣からも引き起こされます。

そこで大きなニキビ、通常ニキビを予防するためには次のことから始めましょう。

Ⅰ.便秘改善
Ⅱ.睡眠環境改善
Ⅲ.食生活改善

Ⅰ.便秘改善

そもそも便秘の定義とは次のようになっています。

男性:一週間に4回以下
女性:一週間に2回以下

便秘に関しては食物繊維のもの多く取る、適度な運動、水分をしっかり取るなどが重要ですが、こんなの便秘に悩む人には常識ですよね^^;

というか便秘は体質を含む様々な要因によって引き起こされるので、そう簡単に治るものではないですし、だからこそ多くの人が悩んでいるのだと思います。

そこでもし慢性的に便秘にに悩んでいるのだったら、下剤やサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか。こういったことを薬に頼るのは抵抗がある人も多いかもしれませんが、慢性的な便秘を放っておくよりかは薬も併用して上手に便秘と付き合って行くほうがメリットは多いはずです。

下剤については色んな種類がありますが、腸のぜん動運動を強制的に促すタイプのものは習慣化しやすいので控えた方がいいです。一方、緩下剤や漢方は習慣化しにくいですし、急激な腹痛や渋り感も少ないです。

もし気になるようだったら薬剤師の方に直接相談してみると良いと思います。

Ⅱ.睡眠環境改善

生活習慣の改善で一番効果てきめんなのが睡眠環境の改善です。ご存じの方も多いと思いますが、人間は睡眠中に成長ホルモンが分泌されていて、この成長ホルモンが肌の修復に役だっています。

具体的には睡眠後3時間で肌修復が始まり、睡眠6時間後に修復が終わるとされています、つまり最低でも6時間は寝るようにしましょう。あと10時〜2時の間に寝ると成長ホルモンが分泌されやすいので、なるべく早い時間に寝るのも大切です。

さらに成長ホルモンは別名幸せホルモンとも言われていて、肌修復だけでなく、精神の安定やストレスの緩和、前向きになれるなど全体的に人間を『快』の方向に導いてくれます。

このように寝ることはあらゆることを改善させる魔法の薬のようなものです。

Ⅲ.食生活改善

単純に言うと人間は食べた物から身体が作られるので、食生活の改善はとても重要です。以下に簡単に食事の際に気をつけることをまとめておきます。

✔肉や中華料理などの脂っこいものを控える
✔お菓子や菓子パンなどの甘いものを控える

この2つは皮脂量を増加させるので、ニキビ悪化に繋がります。

そしてこれもニキビ肌の人には常識かもしれませんが、やはりビタミン接種は重要です。ビタミンには次のような効果があります。

✔過剰な皮脂を抑える
✔ターンオーバーを促進させる
✔ニキビの炎症を抑える

ただビタミンに関しては難しく考えなくて大丈夫です。普段食べている脂っこいものやご飯の量を3分の1〜4分の1減らしてその分、野菜や果物を取ればそれでOKです。これでビタミンA,B,C,Eなど全体的なビタミンの摂取量は必ず増えるのでニキビ予防に繋がります。

まとめ

ニキビが大きくなりやすい人には次のような人が多いです。

①オイリー肌
②便秘

ただオイリー肌に関しては持って生まれた体質の部分も少なからずあるので、上手に付き合って行くことが大切です。

ニキビが大きくなりやすい人は次の治療法が効果的です。

①保湿
②ビタミンC誘導体
③生活習慣の改善

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ