男と女ではどちらの方がニキビができやすいのか?

先生!単純な疑問なんですけど、男性と女性ではどちらの方がニキビができやすいとかってあるのでしょうか。ボクの周りを見るとなんとなく男性の方がニキビができている人が多い気がします。関係あるのでしょうか。
基本的には男性と女性でニキビのできやすさに大きな違いはありません。でも男性と女性では皮膚の構造が少し違ってきます。なのでその分、少しだけニキビのできやすさに違いが出てきます。詳しく解説していきますね。

男性の方がニキビができやすい理由

冒頭でも述べたように、男女でニキビのできやすさに大きな違いはありません。ただどちらかと言えば男性の方がニキビができやすいしニキビが重症化しやすい傾向があります。

ニキビが発生する原因は様々です。睡眠環境や食環境、スキンケア方法など、様々な要素が複雑に合わさることで結果的に毛穴詰まりが発生し、ニキビができてしまいます。

ただ、様々あるニキビの原因のなかでも特に影響を与えやすいものの一つとして「男性ホルモンによる影響」があります。

男性ホルモンとはその名の通り、男性を男性らしくするためのホルモンで、骨や筋肉の強度を維持したり、やる気の向上など日々の生活の基盤となるホルモンです。

男性と女性の肌を比べてみると、男性の方が肌が分厚くて、ギトギトしているような印象がありませんか?実はこれも男性ホルモンによる影響なのです。

・角化を促し角質層を分厚くする

・皮脂の分泌を促す

そして、この男性ホルモンによる肌への影響が毛穴詰まりを引き起こす大きな理由になってしまうのです。

角化を促し角質層を分厚くする

スクリーンショット 2016-04-08 12.18.32

男性ホルモンには角化を促し角質層を分厚くする働きがあります。角質層が分厚くなるということは、それだけ役割を終えた角質が垢となって肌に留まってしまうことに繋がります。

そしてこれら垢となった古い角質が毛穴詰まりを引き起こし、ニキビが発生してしまうのです。

皮脂の分泌を促す

男性ホルモンには皮脂腺を刺激して皮脂量を増やす作用があります。皮脂が増えるということはそれだけ古い角質を吸着して毛穴詰まりを引き起こすことに繋がりますし、皮脂はアクネ菌のエサとなるので、炎症を引き起こし、ニキビが悪化することにも繋がります。

女性も男性ホルモンは分泌されている

このように男性は男性ホルモンの分泌量が多い分、女性よりニキビができやすいことが分かりました。

ただ、分泌量は少ないけれど、女性も男性ホルモンは分泌されています。また男性ホルモンはストレスや生活習慣の乱れから分泌量が増えやすいので、このような状態にある人は女性であろうと要注意です。

特に大人ニキビの場合は男女問わず、ストレスや生活習慣の乱れからくる男性ホルモンの分泌量の増加がニキビの大きな原因になっています。

女性ならではのニキビの影響

男性は女性と比べて皮膚が分厚いとお伝えしましたが、それは逆に言えば女性の方が皮膚が薄いことを表します。同じ大きさで同じ炎症度合いのニキビであっても、女性の場合皮膚が薄い分炎症が肌の深部にまで達しやすいです。

炎症は肌の深部にまで広がれば広がるほど、赤みやクレーター肌などのニキビ跡を引き起こしやすくなってしまいます。つまり、女性は男性に比べてニキビができやすい反面、ニキビ跡が残ってしまいやすいのです。

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ