かゆい背中ニキビは要注意!正しい原因と治し方

今回はかゆくなる背中ニキビについてお伝えしたいと思います。

92c97286237b8b078561a9e2e8404f57_s

背中ニキビがかゆい

背中ニキビが無性にかゆくなる時ってありますよね。でもニキビがあるのでかゆくてもかけない。このもどかしい感じとても嫌ですし早く治したいですよね。

実はこのかゆみは『乾燥』によって引き起こされます。ニキビがなくても肌が乾燥するとかきむしりたくなりますよね。それと同じでニキビ・乾燥・かゆみ、この3つはとても密接な関係があるのです。

それではまずはニキビ・乾燥・かゆみこの3つの関係性について説明していきます。

ニキビができる原因

そもそもニキビというのは毛穴の出口が塞がることで発生します。そしてこの毛穴の出口を塞ぐ原因となるのがターンオーバーの乱れです。本来皮膚では日々新しい肌細胞が作られていて、古くなった肌細胞は角質となって肌から剥がれていきます。

この一連の流れによって肌は常に新しい状態を保っているのですがターンオーバーが乱れると、いつまでも古い角質が肌表面に留まるので、それが毛穴を塞ぐ原因となってしまうのです。

そしてこのターンオーバーの乱れを発生させる原因となるのが『乾燥』です。

>>>超簡単!ニキビができる原因について端的に解説

 

乾燥はニキビを発生させるやっかいな原因

通常人間の肌というのは水分があって、弾力があり、適度に皮脂で覆われている状態です。というのはこの水分で弾力があり皮脂で覆われていると外敵からの攻撃に強いからです。

しかし肌が乾燥してしまうと、ダニの死骸やハウスダストなど外敵が肌の隙間から侵入しやすくなります。そこで肌は外敵から身を守るために、肌の生産ピッチを急激にあげます。

すると次々と新しい肌細部が作られるのですが、急にピッチを上げて作られた肌細胞は未熟でバリア機能を果たしません。するとさらに次々と未熟な肌細胞が作られます。

こうなると悪循環で肌表面にはいびつな形をした未熟な肌細胞でいっぱいになってしまい、これらが毛穴の出口を塞いでしまうのです。

また乾燥から肌を守るために皮脂の分泌量も上がります。するとアクネ菌のエサとなる皮脂がいっぱいになるのでニキビ悪化にも繋がるのです。

ここまでを簡単にまとめると次のようになります。

肌乾燥→バリア機能低下→急ピッチで肌細胞を増産→未熟な肌細胞でバリア機能がない→肌細胞を増産→肌表面が未熟な細胞で覆われる→毛穴が詰まる

乾燥で肌がかゆくなる原因

先ほどの説明で肌が乾燥するとダニの死骸やハウスダストなどが肌の隙間から侵入しやすくなると説明しました。こうして肌に外敵が侵入すると、肌はアレルギー反応を起こします。

このアレルギー反応がかゆみという形で出てくるのです。肌がかゆいというのは、乾燥によって異物が肌に侵入してますよ!というSOSサインなのです。

乾燥を防ぐ重要性

このようにいくら塗り薬を塗ろうが洗顔をしようが、ニキビと痒みの根本原因である乾燥対策をしない限り、ニキビは繰り返し発生しますし、かゆみもおさまりません。

ニキビの原因が実は乾燥だということに気づいていない人は案外多く、逆に色々肌に塗りたくる保湿は避けたほうが良いとさえ思っている人もいます。

ただしこれは間違いで、むしろかゆみが起きているということは、『乾燥が原因でニキビができていますよ』と教えてくれているのでありがたいくらいです。保湿はかゆみが起きていようがいまいが必須です。

正しい保湿方法

そして具体的な保湿方法は次の通りです。

化粧水+美容液+(乳液)

ここで重要なのは美容液です。一般的に保湿というと化粧水のことを想像する人が多いと思いますが実は化粧水というのは成分の大半が水でできていて保湿効果は非常に低いのです。

どれだけたっぷり化粧水を塗っても大半が水なので、単純に多くが水分として蒸発してしまいます。

それに対して美容液は水分は少なく成分の大半が美白や保湿などの美容成分です。また美容液は化粧品メーカーの最新の研究成果が詰まっていて保湿効果も非常に高いです。

乳液に関しては本来の乳液の役割とは油分で水分が蒸発するのを防ぐことです。ただ油分はアクネ菌のエサとなるのでニキビが悪化することにも繋がります。

なのでよっぽど肌に油分が足りない人以外は付けなくて良いです。ただニキビ専用の乳液はオイルフリーのものも多く、それらは美容液に近い効果があるのでそれならOKです。

具体的に保湿成分はセラミドがオススメです。

>>>これで間違いなし!ニキビ肌に効果的な正しい化粧水講座

>>>これで間違いなし!ニキビ肌に効果的な乳液&美容液講座

セラミド

セラミドは数ある保湿成分の中の1つです。一般的に保湿成分といえばコラーゲンやヒアルロン酸を思い浮かべる人も多いと思いますが、それらを上回る保湿効果があるとされているのがセラミドです。

セラミドは水分をサンドイッチのようにはさみこみ、肌に水分を貯めこむ性質があるのですが、どれだけ乾燥してカラカラになろうが決して水分を離しません。

また肌にあるたくさんの保湿成分の中でも圧倒的に水分保持に役立っているのがセラミドなんです。なので美容液などを選ぶ際には成分を確認するようにしましょう。

まとめ

ニキビがかゆくなる原因は、肌の乾燥によってバリア機能が弱まり、外敵が肌に侵入することによるアレルギー反応です。

これを防ぐには何はともあれ『保湿』です。化粧水と美容液は必ず付けるようにしましょう。

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ