食事でニキビを引き起こす4大原因とニキビに効く食べ物まとめ

yasai-kudamono-kouso

食生活の乱れはニキビの原因

冒頭でこういったことを書くのもなんですが、実は食べ物とニキビの関係について、具体的な因果関係というのはまだ分かっていません。

日本皮膚科学会のホームページにも以下のように記載されています。

現在のところ、チョコレートやケーキ、ピーナッツなどの食べ物とにきびの因果関係はわかっていません。

(※出典:日本皮膚科学会 皮膚科Q&A

ただ、やはり実際問題「食べ物とニキビの関係はある」と私は考えています。というのも皮膚は、私たちが普段口にする食べ物の栄養素から成り立っているからです。

皮膚が食べ物の栄養素から構成され、維持されている以上、普段口にする食べ物が変われば、皮膚への影響、ひいてはニキビへの影響も出てくると考えるのが普通だと思います。

そこで今回は、ニキビを引き起こす食事の仕方と、ニキビに良い食べ物についてまとめてみました。

ニキビを引き起こす4大原因

ニキビに影響すると考えられる食事の仕方は、たくさんありますが、大きく分けると以下の4つに集約されます。

・炭水化物の摂り過ぎ

・動物性脂肪の取り過ぎ

・たんぱく質不足

・ビタミン不足

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

炭水化物の摂り過ぎ

ご飯やパン・麺類・砂糖などの炭水化物の摂り過ぎには注意が必要です。

炭水化物は体内に入ると、ブドウ糖に分解されて、私たちが日々活動するための燃料として使われます。このブドウ糖を全身の細胞や筋肉などに送り込む働きをしているのが「インスリン」です。

インスリンにはブドウ糖を細胞に送り込むという大切な役割があるのですが、「皮脂腺を刺激して皮脂の量を増やす」作用もあります。また、炭水化物はエネルギーに変換する時に、後述する「ビタミンB」を消費するので、炭水化物の摂り過ぎはビタミンB不足にも繋がります。

動物性脂肪の摂り過ぎ

動物性脂肪の摂り過ぎは以下の2つのことに繋がります。

・男性ホルモンの増加

・中性脂肪(トリグリセリド)の摂り過ぎによる皮脂の増加

動物性脂肪は男性ホルモンの分泌量を増加させることに繋がります。男性ホルモンは皮脂量を増やし、肌の角化を促し毛穴詰まりを引き起こします。

また動物性脂肪には中性脂肪が多く含まれているのですが、中性脂肪は皮脂の原料となってしまい、皮脂量の増加に繋がります。

タンパク質不足

タンパク質は皮膚や内臓、筋肉などを形成するための原料となります。つまりタンパク質が不足してしまうと新しい皮膚の生成が滞ってしまい、ターンオーバーが乱れてしまいます。

皮膚の新陳代謝がうまく進まないと、古い角質などが毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となってしまうのです。

ダイエットをすると、肌荒れが起きやすくなったり、肌がカサつくというのは良く聞きますが、これもタンパク質が不足することによる影響の一つだと考えられます。

ビタミン不足

健康的な肌を維持していくためにはビタミンは必須の栄養素です。以下に主なビタミンと肌への影響をまとめてみました。

【ビタミンA】

・ターンオーバーを正常化させる

・メラニンを排出し色素沈着によるニキビ跡の改善

・皮膚粘膜を丈夫にする

【ビタミンB2】

・皮膚粘膜を丈夫にする

・脂質の代謝を正常化させ、炎症を予防

【ビタミンB6】

・ターンオーバーを正常化させる

【ビタミンC】

・メラニンの生成を抑えて美白効果

・過剰な皮脂を抑える

・炎症を抑える

【ビタミンE】

・メラニンの生成を抑えて美白効果

・ターンオーバーを正常化させる

・抗酸化作用

このように、ビタミンは健康的な肌を維持・調整するために様々な効果を発揮してくれます。

ニキビに効く食べ物まとめ

yasai-kudamono

ここまで食べ物や栄養素とニキビの関係についてお伝えしてきましたが、ニキビに効く食べ物をまとめてみます。

【タンパク質】

・納豆・大豆・枝豆などの豆類

・魚介類

・脂の少ない肉(ササミ・胸肉など)

・卵(卵黄には脂質が多く、卵白にはタンパク質が豊富)

【ビタミンA】

・レバー

・うなぎ

・あなご

・にんじん・モロヘイヤなどの緑黄色野菜

【ビタミンB2】

・レバー

・卵

・納豆

【ビタミンB6】

・レバー

・まぐろ

・かつお

【ビタミンC】

・全般的な野菜・果物

【ビタミンE】

・オリーブ油などの油類

・魚卵

ビタミンは野菜や果物だけではない

ビタミンが多く含まれている食材に野菜・果物が少なくて意外に感じた方も多いと思います。もちろん野菜や果物にもビタミンは多く含まれているのですが、レバーや魚・卵などのタンパク質にもビタミンは豊富に含まれています。

ニキビができない肌を作るためには野菜や果物とともに、魚や卵などの良質なタンパク質を摂取することで、ニキビに効果的なビタミン類を効率よく摂取することに繋がります。

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ