繰り返すニキビを完治させるための正しい5つの食事法

yasai-kudamono-kouso

食事でどうにかしてニキビを治したいよ(TдT)

ニキビケアというと手っ取り早い外からのケアのことばかり考えてしまいがちですが、実は内からのケアもとても大切です。

特に食事が肌質やニキビに与える影響は大きく、食事法を改善するだけでニキビが大きく減ることも充分に考えられます。

そこで今回は食事とニキビの関係について徹底解説です。

食事だけでニキビは治るか

冒頭でも書いたようにニキビを治していくためには、外からのケアだけでなく、内からもケアしていくことがとても大切です。

ただここで勘違いしてほしくないのは、『内からのケアだけ』で簡単にニキビが治るわけではないということです。

ニキビの発生が生活習慣や食からきていることは間違いないのですが、ニキビは皮膚の病気なので、外からのケアも同じくらい大切です。

つまりニキビを効果的に改善していくためには内からのケアも外からのケアも、同時に行なっていく必要があります。ただ、実際にニキビに悩んではいるけど、両方からのケアを行なっているという人はとても少ないです。

その点、この記事を読んでいただいている方は内からのケアの重要性に気づいているはずなので、すぐにでも始めましょう!

①腹八分に抑える

まず何を食べるかということの前に、ニキビを予防したいなら暴飲暴食は絶対に厳禁です。暴飲暴食してしまうと、胃腸に過度な負担がかかるため、食物をうまく消化できなくなります。

すると腸には消化しきれずに残った残留物が溜まり、それらが腐敗していきます。これらは悪玉菌を増やして腸内環境を悪化させることに繋がり、腸内には有害物質が増えてしまいます。

すると腸は有害物質を吸収して肌から排出しようとするため、毛穴詰まりが起きやすくなり、ニキビが発生してしまうのです。

このように、消化機能の限度以上に食べてしまうと、腸内に有害物質が発生しやすくなってしまうので、なるべく腹八分くらいに抑えることが重要です。

②ビタミンの摂取量を増やす

ニキビに悩む人にとっては常識かもしれませんが、やはりビタミンの重要性は欠かすことができません。ビタミンの中でも特にビタミンA、B、C、Eはニキビ予防に大きな効果を発揮します。

・皮膚の粘膜を丈夫にし、アクネ菌の増殖を抑える

・過剰な皮脂分泌を抑制する

・炎症を引き起こす活性酸素を取り除く

・肌の生まれ変わりを促進する

ビタミンというと、野菜や果物を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、ビタミンC以外のものについては実は野菜や果物にはそれほど多く含まれていません。

ビタミンA⇛レバー、卵、にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜

ビタミンB⇛レバー、卵、豚肉、種子・ナッツ類

ビタミンE⇛オリーブ油などの油類、種子・ナッツ類、魚卵

このようにまんべんなく、ビタミンを摂取したいなら、卵や良質な油類などを普段から摂っていく必要があります。

③動物性脂肪・糖質のとりすぎ注意

動物性脂肪や糖質のとりすぎも要注意です。

脂っこい肉などの動物性脂肪は皮脂の原料となる『トリグリセリド』という物質に分解されます。菓子パンやお菓子などに多く含まれる糖質も皮脂の分泌を促す『遊離脂肪酸』に分解されます。

つまり動物性脂肪や糖質の摂り過ぎは皮脂量を増やし、毛穴が詰まりやすくなることに繋がるのです。

また糖質は主食であるご飯やパンなどにも意外と多く含まれていることも要注意です。炭水化物のとり過ぎには注意しましょう。

④タンパク質をしっかり摂る

タンパク質については結構意外に感じる方もいるかもしれませんが、健康的な肌を作るのにタンパク質は必要不可欠です。

タンパク質とは私たちの体を作る原材料のようなものです。髪の毛や筋肉、皮膚などは全てタンパク質からできています。

なのでタンパク質が不足してしまうと、肌の生まれ変わりが遅くなることで、古い角質などが溜まりやすくなり、毛穴詰まりが発生してしまいます。また肌もカサつきやすくなり、血色も悪くなります。

一見するとタンパク質って肌に悪そうなイメージもあるので、控えてしまう人も多いかもしれませんが、とても重要な栄養素です。特に肉類、卵、大豆類に多く含まれています。

先ほど『動物性脂肪はニキビに悪い』と書きましたが、あくまでもそれは脂質なので、肉類を食べるときは、脂身のところを避ければ問題ありません。

⑤必須脂肪酸を摂る

必須脂肪酸とは人間が生きていく上で、必ず必要なものだけど、自身で合成して作れない脂肪酸のことをいいます。

ニキビ予防には保湿がとても重要ですが、この肌の保湿の約80%は『細胞間脂質』という物質が担っています。そして細胞間脂質を作る原材料となるのが必須脂肪酸なのです。

肌の保湿に関しては必須脂肪酸の中でも特にオメガ3系脂肪酸が担っていて、サケやイワシ、サバなどの魚介類の脂に多く含まれています。

魚介類の脂はよくDHAと呼ばれて脳にいい事はよく知られていますが、実は肌にもとてもいい成分なのです。

おすすめサプリメント

スクリーンショット 2015-07-18 12.58.03

ここまでニキビ予防の食生活法について書いてきましたが、一人暮らしの方や仕事が忙しい方などは、正直やりたくてもできないという人が多いと思います。

そこで手軽に内から体質改善を図るのにニキビ専用サプリメントを使っていくのもオススメです。

・人間関係のストレスが多い

・働き過ぎ

・睡眠時間が少ない

このように食生活以外にも生活環境によるニキビの原因はたくさんあります。せっかく外からケアをしていても、生活習慣が乱れていると、なかなかニキビは治ってくれません。

緑の知恵はニキビに特化して開発されたサプリメントです。お値段も比較的良心的ですし、手軽に続けられるのでオススメです。

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ