白ニキビにオロナインは効果的か検証してみた

今回は白ニキビにオロナインは効果的かどうか検証してみたいと思います。

oronain

オロナインはニキビに効くのか!?

やけどにあかぎれ、水虫にまで幅広い効果を発揮するオロナインですが、オロナインの効能を読んでみるとなんとニキビにまで効果があると書かれています。

本当にニキビに効果があるのだったら嬉しいのですが、水虫とニキビなんてあまりにも症状が違いすぎて本当かよと、少し疑ってしまいますよね^^;

そこで今回はオロナインがどのようにして白ニキビを治すのか、どれくらい効果があるのか検証してみました。

オロナインがニキビを治す仕組み

まず『白ニキビ』がどのような状態かというと、ニキビはそもそも毛穴が詰まることによって発生するのですが、詰まった毛穴のなかで皮脂が分泌されて毛穴がプクッと膨れ上がっている状態を指します。

この毛穴のなかでアクネ菌が繁殖してくると、免疫細胞VSアクネ菌の戦いが起こり、ニキビは炎症を起こし赤ニキビへと成長していきます。

それでは具体的にオロナインにはどんな成分が入っているのか見てみると、次の成分がニキビに効果を発揮しそうです。

✔グリセリン
✔ワセリン

⇛乾燥を抑える

✔クロルヘキシジングルコル酸塩液
✔硫酸AL/K

⇛殺菌効果・炎症を抑える

肌が乾燥すると古い角質が溜まりやすくなるため、それらが毛穴を塞ぎニキビを引き起こしてしまいます。なので乾燥を抑えるのはニキビに効果的です。

殺菌効果・炎症を抑える効果については、白ニキビはたんに毛穴の中で皮脂が溜まっている状態で、アクネ菌はまだ繁殖していないので、直接的な効果はありません。

ただ白ニキビは放っておけばいずれ毛穴の中で皮脂をエサとしてアクネ菌が増殖してきますので赤ニキビに成長するのを予防する効果はあります。

ただし注意点も!!

ただし注意点もあって、オロナインにはグリセリンとオリブ油という油分も含まれていて、油分はアクネ菌のエサとなるのでニキビを悪化させる危険性もあります。

つまりアクネ菌を殺菌しながらもアクネ菌にエサを与えているという微妙な状態になっているわけです^^;

結局白ニキビに効果はあるのか

ここまでをまとめてみると白ニキビに対して、オロナインは乾燥を防ぎ、アクネ菌が増殖するのを予防するという効果はありながら、油分が多く含まれているので逆にニキビを増やしてしまう危険性もあるということです。

実際以前ボクも赤ニキビや白ニキビができている時にオロナインを試してみたことがあるのですが、目立った効果は見られませんでした。減ったなーと感じる日もれば、全然変わらない日もあり、むしろ逆にニキビが悪化したかもと感じる日もありました。

オロナインは皮膚に対する幅広いケガや病気などの症状に対応する軟膏ですので、ニキビに良い成分も含まれていればニキビを悪化させてしまう成分も入っています。

なのでやはりニキビにだけ効果的な化粧水や塗り薬を使うほうが効果的です。当然ちゃ当然の結論になってしまいましたが。。

詳しい大人ニキビや思春期ニキビの治し方についてはコチラにまとめてあるので良かったら参考にしてみてください。

  • ニキビケア商品実力ランキング
    ランキング1位
    ルナメアAC
    ルナメアAC

    価格1,000円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ステアリル、トコロフェロール酢酸エステル

    おすすめポイント
    • 大手製薬会社FUJIFILMによる開発化粧品
    • 独自技術「ファイバースクラブ」「アクネシューター」
    • 商品満足度84%
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング2位
    ノブACアクティブ
    ノブACアクティブ

    価格1,500円

    主な有効成分

    BHA、塩酸ピリドキシン、L-アスコルビン酸、イソプロピルメチノール

    おすすめポイント
    • 臨床皮膚医学に基づいて開発
    • 美白成分配合でニキビ跡ケアも同時に可能
    • @cosme口コミランキング トライアルキット部門第1位
    公式サイトを見る 商品紹介記事を見る
    ランキング3位
    ビーグレン
    ビーグレン

    価格1,800円

    主な有効成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、アスコルビン酸

    おすすめポイント
    • リピート率98.7%
    • 365日完全返金保証
    • Qusomeテクノロジーによる有効成分の高浸透率実現
    公式サイトを見る
サブコンテンツ

このページの先頭へ