治らない頭皮ニキビの4つの原因と王道の治し方

nayami-kokoro

しつこい頭皮ニキビどうにかならないかな(TдT)

ひとことでニキビと言っても様々な種類がありますが、場所柄とても不快感が大きく、治りにくいのが『頭皮ニキビ』の特徴です。

頭皮ニキビは顔にできるニキビと違って人から見られる辛さはありませんが、髪に覆われ、塗り薬を塗ることもできず対処がしにくいニキビです。

そこで今回はこの『頭皮ニキビ』の主な原因と対処法についてお伝えしていきたいと思います。

頭皮ニキビに悩む人は意外と多い

ニキビというと、顔や背中にできるものが一般的ですが、頭皮ニキビに悩む人は意外と多いです。

というのも、薬局へ行けば様々な種類の顔ニキビ専用の洗顔料や塗り薬などが売られていますが、頭皮ニキビに関するものは皆無です。

また色々調べてみても、頭皮ニキビに関する情報自体少なく、周りに悩んでいる人もいないので、結局何をすればいいのか分からず放置、という人がとても多いのです。

ただ、頭皮ニキビに悩んでいる人はあなたが思っているよりも多く、正しい原因を知り、対処していけば、必ず治すことができるものです。

頭皮ニキビと顔ニキビの違い

そもそも、ニキビって場所によってできやすさが全く異なってきます。顔ニキビに悩む人が圧倒的に多いですが、頭皮や背中、胸回りニキビに悩む人はそれほどいません。手のひらや足ニキビなんて聞いたこともありません。

実は、頭皮ニキビも顔ニキビも全く同じメカニズムで発生しているのですが、皮膚の場所によって皮膚環境が異なってくるので、ニキビの発生しやすさも違ってくるのです。

そしてニキビは皮膚に次の2つの共通点があると発生しやすくなります。

・毛穴の小ささ

・皮脂量の多さ

そもそもニキビというのは、詰まった毛穴の中で皮脂が分泌され、アクネ菌が皮脂をエサとすることで発生します。つまり

・毛穴の小ささ⇒毛穴詰まり

・皮脂量の多さ⇒アクネ菌のエサ

となりニキビの原因になってしまうのです。ただ頭皮に関しては、皮脂量はもの凄い多いですが、毛穴からは強くて太い髪の毛が生えているので、本来毛穴詰まりは起きにくい場所なのです。

ただ一度毛穴が詰まってしまうと、どんどん皮脂が分泌されるのでニキビは巨大化・重症化しやすい特徴があります。ちなみに顔は毛穴も小さく、皮脂量も多いのでニキビが発生しやすいのです。

頭皮ニキビの3つの原因

シャンプー・コンディショナーのすすぎ不足

頭皮ニキビに悩んでいる人に限らず、ほとんどの人がすすぎ不足といえます。

すすぎ不足は単純に毛穴詰まりの原因になるだけでなく、後述するフケ(頭皮の角質)増加や、頭皮の炎症・乾燥など様々な頭皮トラブルに繋がります。

コンディショナーの説明書に、『すすぎは軽く洗い流す程度』なんて書かれてあるものもありますが、こういった行為は確実に頭皮ニキビに繋がります。

すすぎ時間の目安としては『3分』をめどに考えましょう。今まですすぎ時間が短かった人にとってはとても長く感じると思います。毎回毎回3分は難しいとしても、意識的にしっかりとすすぐようにしましょう。

シャンプーのしすぎ

頭皮ニキビに悩んでいる人に意外と多いのが、シャンプーのしすぎです。

一見すると頭皮をキレイに保つ方がニキビには良さそうな気もしますが、シャンプーのしすぎは確実に頭皮ニキビを増やすことに繋がります。

シャンプーの本来の目的は頭皮の皮脂・角質(フケ)などの汚れを取り除くことです。なのでシャンプーには界面活性剤が含まれていて、これらが頭皮の汚れを洗いとってくれます。

ただ、シャンプーをすると、本来頭皮に必要な皮脂や常在菌を全て洗い流してしまうので、頭皮への負担は大きいです。

なのでシャンプーを一日に何度も行なうことは、頭皮の乾燥や過剰な皮脂分泌、ターンオーバーの乱れによるフケの増加に繋がります。シャンプーは一日1度に抑えるようにしましょう。

頭皮の乾燥

頭皮の乾燥も頭皮ニキビの大きな原因の1つです。

本来頭皮は顔などの皮膚と同じように、バリア機能を持っています。ただし、シャンプーのすすぎ不足やシャンプーのしすぎ、長時間紫外線に浴びる、ストレスなどにより頭皮の乾燥が進みバリア機能が機能しなくなる場合があります。

バリア機能が機能しなくなると、外部からの刺激や攻撃に弱くなるので、頭皮はこれらの攻撃から守るためにさらに皮脂量を多くしたり、角質を分厚く・固くしていきます。

こうして頭皮に毛穴詰まりが発生してニキビができてしまうのです。

生活習慣の乱れやストレス

頭皮ニキビというとどうしても外部要因ばかりに目がいきがちですが、内部要因についてもしっかり考える必要があります。

性質が違うだけで顔の皮膚も頭皮も基本的には同じ構造でできています。顔ニキビの原因の多くが生活習慣の乱れであるように、頭皮ニキビも生活習慣の乱れやストレスが原因になっているケースが多いです。

生活習慣で頭皮ニキビの原因になっているものでは次のものが挙げられます。

・食習慣の乱れ

・睡眠不足

・便秘

・運動不足

・ストレス

なかでもニキビの原因になりやすいのは食習慣と睡眠不足、ストレスの3つです。

食習慣の乱れ

食習慣で気をつけたいのは次の2点です。

・糖分・脂っこいものを控える

・ビタミン・タンパク質を摂取する

糖分や動物性脂肪などの脂っこいものは皮脂の原材料になり、摂り過ぎは過剰な皮脂分泌に繋がります。控えるようにしましょう。

ビタミンに関しては皮脂分泌の抑制・炎症を抑える・ターンオーバーを促進するなど頭皮に様々な効果をもたらすので肌トラブルがある人には必須栄養素です。

栄養素で意外と忘れがちなのがタンパク質です。タンパク質は肌自体を作り出す大元の原材料となるものなので、たんぱく質不足になると肌の生産が遅れて肌が荒れやすくなり、ニキビの原因にもなります。

特にダイエット中の方や女性はたんぱく質不足になりやすいので意識的に摂ることをオススメします。

睡眠不足

徹夜明けの肌はガサガサで潤いもなく最悪の状態になるということは、ほぼ全ての人が経験済みだと思います。

それくらい睡眠不足は肌に悪影響なのです。頭皮は肌と延長にあるものなので、睡眠不足で肌の調子が悪い時は同じように頭皮にも悪影響が起こっているということです。

睡眠中は成長ホルモンが分泌されていて、この成長ホルモンのおかげで肌はどんどん新しい皮膚に生まれ変わって、新陳代謝を行なっています。

睡眠不足が起きてしまうと、肌の新陳代謝が遅れるので、肌表面には古い角質が溜まりやすくなり、毛穴詰まりに繋がります。

よく10時~2時の間に成長ホルモンがたくさん分泌されると言われていますが、最近の研究では、そこまで大きな差はないようです。目安としては7時間程度は寝るようにしましょう。

ストレス

学校や職場でのストレスが溜まると、吹き出物が増える、こんな経験をしたことがある人は多いと思います。

これは、ストレスが溜まると闘争系のホルモンである男性ホルモンの分泌量が増えるからです。男性ホルモンが増えると、肌は分厚く・固くなりやすく、皮脂量も増えます。

分厚く・固くなった皮膚で皮脂量が増えると当然毛穴詰まりが起きやすくなりニキビが発生します。

頭皮ニキビおすすめシャンプー

頭皮ニキビにシャンプーが与える影響は非常に大きいです。特に市販で売られているシャンプーは安い価格で大量販売しなければいけないので、安価な石油系洗浄成分・シリコン・香料などが含まれています。

当然これらが全て悪いというわけではなく、安い価格で購入できるというメリットがあるのですが、ニキビができやすい肌の敏感な人には、影響が出やすいです。

なので、なかなか頭皮ニキビが治らないという人はシャンプーを変えてみることをオススメします。

スクリーンショット 2015-10-17 17.44.06

シンプリッチは石油系洗浄成分・シリコン・香料・着色料が無添加なことは当然のこと、ノンシリコンシャンプーに多い泡立ちの悪さも解消していて、とても泡が濃厚です。

また値段も比較的良心的ですし、30日間の返金保証もついているので、初めてノンシリコン系シャンプーを使うという人にもおすすめです。

頭皮ニキビおすすめケア商品

スクリーンショット 2015-10-17 17.52.18

頭皮ニキビの原因として、シャンプーのすすぎ不足・シャンプーのしすぎ・生活習慣の乱れ・ストレスと紹介してきましたが、正直なところ、これらを改善しても頭皮ニキビが治らないという人は非常に多いです。

実際ニキビというのは様々な要因が複雑にからまって発生するものなので、これを改善するからニキビが治るというような単純なものではありません。

なのでやはりオススメなのは、ニキビ専用ケア商品を使うことです。なかでもルプアクアは頭皮ニキビ専用商品で、顔とは違った、頭皮ニキビを治すためだけに開発されたものです。

少々お値段は張りますが、実際に治ったという人も非常に多く、返金保証もついているので、まずは使ってみることをオススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ